width=10
ことば探し
★やるべき仕事は、喜んでやります★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?
今回は「仕事と私(或いは家庭)のどっちが大切なの?」のという
質問についてのお話です。

もっか恋愛中の方なら、大いに聞きたくなるかもしれない、
「私と仕事とどっちが大切なの?」
結婚すると、こう聞きたくなるかも知れませんね、
「家庭と仕事のどっちが大切なの?」

もう、そんなことは聞かないわよ、と言う方には、すいません(笑)
読み飛ばしてくださいね。今回はそんなお話になります。


■なぜ、こんな質問をするんだろう…


さて、ここでいきなり質問です。
女性が、男性に、

「仕事と私(或いは家庭)のどっちが大切なの?」

と聞いたとして、
女性であるあなたはどんな答えを期待していますか?
また、男性であるあなたなら、どんな答え方をしますか?
おそらくこの質問に素直に答えると、こんな答えのどれかになるでしょう。

A.「仕事だよ」
B.「君だよ(或いは家庭だよ)」
C.「両方だよ」

さぁ、どうでしょう?

「女にいらだつ男 男にあきれる女」(伊東明著)にこんなやりとりが書かれています。

◎仕事を取る 
 「仕事と私のどっちが大切なの?」
 「仕事だよ」
 「そう。じゃあもうお別れね」

◎彼女を取る 
 「仕事と私のどっちが大切なの?」
 「もちろん君だよ」
 「そんなこと言ったって、あなたは仕事ばっかり優先させて
  いるじゃない。嘘つき!」

◎仕事も彼女も両方取る 
 「仕事と私のどっちが大切なの?」
 「仕事も君も比べられないよ。どっちも大切なんだ」
 「何言ってるの、どっちかにしてよ!」

さあ、男性は、どう答えたら、女性の満足を得られるでしょう?
どう答えますか?困りましたね(笑)
女性のあなたなら、どんな答えを望みますか?


おそらく女性がこのような質問をする時の本当の気持ちは、

「私は寂しいよ。いつもあなたが仕事ばっかりしてて。
 全然かまってくれないから、私は怒っているんだよ。
 少しは、私のことを考えてよ。
 いったい私のことをどう思っているわけ?
 あなたは何を考えてるの?
 これから、どうしようと思っているの?」


という気持ちだと思います。
女性はこんな気持ちを、素直に口にすることができないので、
こんな遠回しな聞き方をしてしまうことが多いのです。
なので、どっちだと言う答えを期待してはいないと思います。

「じゃ、素直にそう聞いてくれよ」と男性は思うかも知れませんが、
自分の気持ちを素直に出すのが怖かったり、いやだったり、
男性の答えや反応が怖くて、なかなか素直に聞けなくて、
このような答えづらい質問をしてしまいます。
そして、男性の反応を見てから、次の質問をしようとしてしまいます。


おそらく、女性同士なら、
同じような質問にいとも簡単に、こう答えることが出来るしょう。

「私の友情と仕事とどっちが大切なの?」
「ごめん、ごめん、怒ってた?悪かったね、ちょっと仕事が
 つまっててさ。気にはなっていたんだけど、連絡出来なくて。
 今度から気をつけるね、もっとまめに連絡するね」


女性同士の答えには、女性の気持ちを満たす要素がすべて入っています。

 私は寂しいよ。いつもあなたが仕事ばっかりしてて。
 全然かまってくれないから、私は怒っているんだよ。

         ↓
 ごめん、ごめん、怒ってた?悪かったね、ちょっと仕事が
 つまっててさ。
 (女性の寂しい気持ち、怒りの気持ちを受け入れています)


 少しは、私のことを考えてよ。
 いったい私のことをどう思っているわけ?

         ↓
 気にはなっていたんだけど、連絡出来なくて。
 (あなたのことを気にしていたことをちゃんと言っています)


 これから、どうしようと思っているの?

         ↓
 今度から気をつけるね、もっとまめに連絡するね
 (これからどうするかも、答えを出しています)



しかし、男性には、こんなふうに答えることができません。
そして、だいたいは、こう思うのです。

「仕事と私(或いは家庭)のどっちが大切なの?」
「なんだ、コイツ?なに言ってるんだ?
 なんでこんな質問にいちいち答えなきゃなんないんだよ。
 オレが仕事をこんなに一生懸命やってるのが、わからないのか?
 誰のためにこんなにやってると思ってるんだ。
 いつも、こんなことばかり言って…いやになるよ、ああ面倒くさい」
そして、ぶっきらぼうな答えになってしまったりするのです。


そう、男性は、女性の裏の気持ちまで察することは出来ません。
女性は、このことを肝に銘じるべきです。
もう、何度も話しているように、男女の考え方、思い方は違うのです。
男性に、女性同士のような「答え方」「考え方」を期待してはいけません。


もし「仕事と私(或いは家庭)のどっちが大切なの?」と質問をして、
上記のような3択の答え方をされても、怒ってはいけません。
自分の思うような答え方をしてもらえなかったからと言って、
「わかってくれない」だの、「やっぱりダメね、この人は…」
などと、判断してしてはいけません。
男性は男性なりに、考えて答えているのですから。
どんな答えが出ても、受け止める覚悟をしましょう。
そうでなければ、質問や聞き方を変えましょう。
質問や聞き方が悪ければ、それなりの答えしか得られないのです。
(質問や聞き方については、別途書く予定です)

もちろん、個人差がありますので、
すべての男性が気持ちを察してくれないわけではありません。
ちゃんと、察してくれる男性もいるでしょう。
そんな男性と出会った方は、ラッキーだと思って、その男性を大切に
なさってくださいね。


■どう答えたらいいんだろう?


さて、困ったな…と思っている男性に、
まず、この「仕事と私(或いは家庭)のどっちが大切なの?」
と質問されたら、
最初に「ごめんね…」と言ってください。
まずは、女性の怒りや、寂しい気持ちを受け止めてあげてください。
これが、第一歩です。まずは「ごめんね…」から。


また、その他の女性が突きつける、困った質問、答えづらい質問には…
こう答えてみてください。

そんな女性の質問の裏には、だいたい、
 ○寂しい
 ○わかってほしい
 ○かまってほしい
 ○怒っている
 ○私のことどう思っているの?
の、どれかの気持ちが隠されていると思ってください。
もしかしたら、全部重なっているかも知れません。

なのでまずは「悪かったね…そういう思いをさせて」というような
答え方が有効なのです。


「ごめんね、悪かったね…」ということは、女性に負けることを意味しません。
女性の気持ちをわかってあげたという現れなのです。
女性は、私の気持ちを「わかってくれた」と思ってホッとするのです。
「なんで、オレが謝るんだ…」などと思わずに、ぜひ。
女性の、そんな切ない気持ち…少しはわかってあげてください。
お願いします。


■女性の気持ちをわかってもらう手紙例


さて、今回の締めくくりは、こんな「愛の手紙」を紹介しましょう。
女性の気持ちが凝縮されているのではないでしょうか?

これは、男女の違いを書いているジョン・グレイ博士の奥さまが
グレイ博士に書いた手紙だそうです。
この手紙をもらった頃、グレイ博士はワーカホリックで、奥さまも
家庭も顧みなかったそうです。
そのころに、奥さまが渾身の思いを込めて書いた手紙です。

「親愛なるジョンへ

 あなたに私の気持ちをなんとかわかってもらおうと思い、この手紙を
 書きました。
 私はなにも、あなたに向かって、ああしろ、こうしろと命令しようと
 いうのではありません。
 ただ、私がどんな思いで毎日を過ごしているかを知ってほしいだけです。

 正直に言って私は、あなたがお仕事ばかりに時間をかけていることに、
 ひどく怒っているのです。
 家に帰ってきても、私のことなど何もかまってくれずに
 すぐに書斎に閉じこもってしまったり、寝てしまったりのあなたに、
 ものすごく腹が立っているのです。
 私はもっとあなたと一緒にいたい……。

 あなたが私のことなんかよりも、お仕事や相談にくる人のことばかりを
 考えていると思うとやりきれなくなります。
 疲れきって帰ってくるあなたを見ると、悲しくてたまりません。
 少しも相手にしてもえらえないで本当に淋しい。あなたが恋しい。
 
 本当は、あなたは私と一緒にいたくないのではないでしょうか。
 私は、あなたの人生のお荷物にはなりたくない。
 ガミガミと小言ばかり言っていたくもない。
 でも、こんな毎日が続けば、あなたはもう私の気持ちなんかどうでもいいと
 思っているのではないかと考えてしまいます。

 怒らせてしまったら、ごめんなさい。
 私はあなたが全力を尽くしていることを知っています。
 一生懸命にお仕事をしていることを認め、感謝もしています。

                   愛を込めて ボニー」


「ベスト・パートナーになるために」より ジョン・グレイ著

いかがでしょうか?
「仕事と私(或いは家庭)のどっちが大切なの?」の質問の裏には、
こんな気持ちがすべて含まれているのではないでしょうか?
こんな手紙が素直に書けるといいですね。
こんな気持ちが素直に言えるといいですね。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。