width=10
ことば探し
★私は、今、自由に愛を受けとったり、与えたりします★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 
今回は「問いつめた場合」の男女の反応や行動の【女性編】です。 


■あやしいメールを読まれて


♂「なんだよ、このメール」
♀「ああ、○○さんだよ、今度食事しようって」
♂「何でおまえが誘われるんだよ」
♀「○○さん、今奥さんとうまくいってなくて、
  ちょっと相談にのってくれって頼まれて行くだけだよ」
♂「何でおまえに相談すんだよ、なんかあるんじゃないの」
♀「結婚してるから、わかるし話しやすいだけだよ」
♂「そいつ、なんか下心があるね…」
♀「あるわけないよ」
♂「いいや、おかしいよ、何かあったろう…言ってみろよ」
♀「……」
♂「ほらな、何かあるんだな…」
♀「実はね…前に一回食事に行ったの。あっ、◇◇ちゃんも
  一緒だよ。そのときに、奥さんの話になってね…、
  ◇◇ちゃんがいると話しづらいってことで今度食事しようって
  ことになったんだよ。それだけだよ」


女性の場合は、
「問いつめられる」と、男性よりは
「本当のこと、あるいは、本当らしいことを言う」

確率は、高くなります。

話せば「何とか、その場を逃れられる」と思うからです。
男性の場合は、その場を逃れるために「知らぬ存ぜぬ」を
貫き通しますが、
女性の場合は「その場を逃れるために、話すことが多い」のです。
話せば何とかなると思っているのです。

男性の場合のように、
「話してもどうせわかってもらえないから話さない」とは
全く逆で
「話せば許してもらえる、話せばわかってもらえる」

思っているのです。

女性にとって
「(正直に)話すこと」=「相手に対する誠意」

だと思っているのです。
あるいは、そう思いこんでいます。

なので、男性にとっては聞きたくない事実や、
聞きたくない過去の経験のことも話してしまうのです。


■その裏にある女性心理


女性の場合には、隠し事や、自分のウソに耐えきれない弱さが
あるので、その苦しさから逃れるために話すのです。
女性は、内部に辛いものを、持ち続けるのが苦手なのです。
(悩みや、ストレスがあると話したくなるのもそのためです)

また、幼い頃からの習慣として、女性同士の間では、
何でも話すことが、親密さをはかる尺度でもあるので、
話すこと、話し合うことは、わかりあうためなのです。

その上、ウソをつかれてイヤな体験をしていれば、
自分はウソをつきたくないと思っています。


しかしながら、全くシラをつき通す場合もあります。


■女性が「問いつめられてとる態度」はだいたい以下の3つです。


□シラを完全に貫き通す
 「本当にバレたらまずい!とき」

□話すが、上手にウソを入れ込む
 「変に勘ぐられるのがいやなとき」
 「少しやましい気持ちがあるとき」
 「パートナーに嫉妬させたいとき」

□本当のことを正直に話す
 「パートナーのことを心から愛しているので、
  誤解されたくないし、正直に話すことが愛だと
  思っているとき」
 「パートナーとはどうなってもいい、と開き直っているとき」



■本当(事実)のことを知りたいときはどうするか。


男性の場合は、自分が「問いつめられる」と何も言わないので、
女性も「何も話さないだろうと、本当のことを話さないだろう」と
考えがちですが、女性の方が話す確率は、高いといえます。

女性の場合は、
しっぽをつかむ、しつこく何度も「問いつめる」と
話す確率が高くなります。

隠せない、逃げられないと思ってしまうからです。

また、両者が落ち着いているときに、
「ちゃんと事実を話してほしい」と、真正面から切り込むと、
本当のことを話す確率が高くなります。

相手にちゃんと応えたいと思うからです。
応えることが、誠意だと思っているからです。
話して、辛さから解放されたいと思ってしまうからです。
(話すことによって、また新たな辛さや、苦しみを
 持ったリするのですが…)

一番最悪なのは、腕力にものを言わせて「言わせよう」と
することです。そんなことをしても、本当のことは言いません。


■二人にとって何か大切か?


男女とも「問いつめる」ことがいいことなのか、
真実を知ることがいいことなのか…むずかしいところです。

知らない方がいいこと、
知らないふりをしていた方がいいことも
たくさんあるように思います。
少し「大目」にみる、少し目をつぶることも
大切なのではないでしょうか。


大切なことは、二人の愛です。
二人の関係です。
よくよく考えて、行動したいものです。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。