width=10
ことば探し
★私は、自分の責任は自分で取るだけの力があります★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」
「今日は結婚記念日…って知っているのに…、
 どうして飲みに行くの?
 今日じゃなくてもいいじゃないのっ。ったく!」

約束をしていたのに、あるいは大切な記念日なのに、
男同士の付き合いを優先させ、そちらに行ってしまう、
仕事優先、男同士の付き合いを、自分との関係より
重視している…と感じる…こんなことはありませんか?


■男性の場合

男同士の約束、付き合いは、パートナーとの約束や
付き合いより優先し、大事にする場合が多い。
(恋愛の始まりの頃は、違いますが…)

■女性の場合

パートナーとの約束、付き合いを、同姓友人同士のそれより、
大事にし、優先します。
(パートナーに対して、すっかりさめている場合は、別ですが…)


■なぜこのように違うのでしょう?



 □「脳の違い」


これは、脳の作られ方の違いだという説もあります。
つまり原始からの脳の発達により、それが今に引き継がれていると
いうことです。

男は原始時代、狩りに出ていて、狩りは、男同士が協力して行い、
互いに危険を分かち合って戦ってきているので、
男同士の付き合いを大切にしたがる。

女は、狩りから帰ってくる男を、子どもを守って
家を守って待っているのが役目だったので、
狩りから帰ってくる男を一番大切にする。


という説です。確かに一理あるかもしれません。
※男女の脳の違いがもっと知りたい方は、
 「男と女のすれ違いはなぜ起こる」をどうぞ。


 □「社会的な事情」


男性は、縦社会に生きる、社会的な人間と言われています。
そして、そう自負しています。
つまり「社会で認められてなんぼ」の世界で生きているのです。
(「家庭で認められてなんぼ」ではない)

それに、日本では「家庭や恋人」の都合を優先する人を
低く見る風潮がまだまだ残っています。
「女房子どもを泣かせてこそ一人前」というような。

つまり男性同士の付き合いを大切にしないような男では、
「社会に通用しない、評価されない、信用されない」と思っています。
なので、プライベートな事情を社会的な世界に、
極力持ち込みたくないと思っています。

そして、プライベートより「社会的なこと」を優先させるのです。


 □「自衛本能」


また、常日頃の男性同士の付き合いを大切にしていないと、
仕事上で何かあったときに、情報が入ってこない、
助けてもらえないという思いもあります。
仕事上で利用出来るのは、助けてくれるのは、
仕事仲間ですから大切にするのです。
日々の助け合い、情報交換がとても大事なのです。


また、パートナーにコントロールされている男と、思われることに
プライドが許さないという男性の側面もあります。
「コントロールされている」と思うのもいやなのです。
パートナーと約束しても、
それに拘束されたくない…と思っているのです。
なので、女性ほど、二人の関係、プライベートなスケジュールに
注意を払いません。
それよりも大事なことがあると思うのです。


 □「ストレス発散」


男性同士の会話は、一般的に競争型と言われています。
自分の知識や、知っていること、うんちくを競って話すのですが、
それが男性のストレス発散にもなります。
(元々男性は、競うのが好き)

つまり、パートナーに
「えっ、そんな知識興味ない、そんなことより…」
「そんなうんちく、何の役に立つの?」
などと言われて、傷ついたり、不愉快になったり、
気を遣って話をするより、男性同士で、
互いに競いながら気の置けない話をする方が
ずっとストレス発散になるのです。


つまり、会話を楽しめ、ストレスも発散でき、男性同士で分かる
話も出来るので、居心地がいいのです。


■どうすればいいの?

「男同士の付き合い重視」の裏には、このように、
「評価」と「自衛」と「ストレス発散」
の心理があるようです。
(もちろん、個人差がありますので、その他の理由もあれば、
 立場も、心理状態も違うこともあると思います)

男同士の付き合いに、口を挟んだり、嫉妬したり、
無理矢理、パートナーが割り込んで、入っていくようなことが、
家族関係や、二人のこれからの関係をよくしていくとは、
あまり思えません。

この辺の男性の立場、心理をちょっと
理解してあげて「男同士のつきあいも大切なのだ」と
わかってあげることが、大切なのではないでしょうか?
それが始まりかもしれません。

                    


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。