width=10
ことば探し
★生活し、好きなことが出来るほど、十分な収入を得ています★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 
今回のテーマは「グチ」です。

グチは、言っている方もイヤかもしれませんが、
聞かされる方も、イヤなものの最たるものですね。

様々な場面での「グチ」はありますが、
今回は男女間でのグチに限定してお話しします。
しかも、さらっとした笑い飛ばせるグチではなくて、
ねちっとしたグチについてです。

いつもグチを言っているなぁと思う方も、
いつもこぼされていて困っている…と
思っている方も、ぜひおつきあいください。

もちろん個人差がありますので、押しつけたりはしません。
気軽にさらっと読んでくださいね。

さて、今回はすっきり結論から言いましょう。
「グチを言って、パートナーから認めてもらったり、
 愛されることはまず…ありません。
 また、今の立場が改善されることもほぼないでしょう」


だからといって、言うなというわけではありません。
言うなら上手に言おう、上手にグチとつきあおうと言うことを
話していきたいと思います。

このグチについての男女の違いを話す前に、
どうして人がグチを言いたくなるのか、
これからさぐってみたいと思います。


■グチの裏側にあるもの…


グチをついつい言うのは、だいたい、
●とても不満がたまっている
●自分の思い通りにいってない
●疲れ切っている

ときだと思いますが、グチを言って、もらえる反応は、
だいたいは、こんな反応ではないでしょうか。

それぞれのパートナーからグチを聞かされて…
♂「またか…何をごちゃごちゃ言ってるんだ…」
♀「またか…まったく男らしくないんだから…」

そして、実は、自分でもグチっても仕方がないと
わかっている…のではありませんか?
でもグチりたい…
聞いてもらいたい…
どうしても言わずにおれない…
そんな気持ちではないでしょうか。

なぜか…

それは、言うしかはけ口が見つからないからですね。
「言うことでしかわかってもらえない」し、
「言うことでしかこの不満をはき出せない」
と、思っているからです。
他の人に吐き出すより「自分には何も出来ない」と
思い込んでいるのです。

これは、自分に、何とかする力がないことを認めていることですね。
つまりこのグチの奥にあるのは

「無力感」なのです。

それと、にもかかわらず認めてほしいという
「認めて欲しい願望」「見て欲しい願望」
ということになるでしょう。

しかし、この「無力感」が気持ちの根っこにあるので、
いくら「頑張ってるよ」と認めてもらっても、
もやもやは消えず、他の人がどう言っても、何を言っても
不満は残ってしまうのです。

つまり「自分の気持ちの問題」だと言うことです。


ここに気がつかないと、どんなに表面的に慰めてもらっても、
認めてもらっても、満足感を得ることはありませんし、
自分の本当に得たい結果を得られることはありません。

「…さえ、言うことを聞いてくれたら」
「…さえ、わかってくれたら」
「こうなりさえしたら…」

仮にその一つでも思った通りにいったとしても、
また次のグチを見つけてしまうのが関の山です。
実は「自分の問題」だと自覚しなければ
決して、何もいい方には向かないのです。

さて、今度は男女の脳の違いから、
グチに対する反応の見てみましょう。


■男女の脳の違いから、グチのとらえ方を見てみると…


人の脳には右脳左脳があることはご存じと思いますが、
実は、男女で脳の働きが違うことがわかってきてます。

左脳は「言語中枢」
右脳は「感情」「空間」司る機能が大きいと
言われています。

《男性の脳》


 男性の脳は特に右脳が発達していて、主にこちらを中心に使って
 生活しています。
 なので、空間や全体的に物事をとらえるのは得意ですが、
 細かいこと、言語に対する反応はあまりよくないと言われています。
 また、話しを聞くのもあまり得意でないとされています。

 というわけで、男性は、女性からいろいろなことを一度に聞かされると
 ひとくくりで「何かごちゃごちゃと言ってるぞ」としか
 認識できなくなります。
 そして、この状態が続くと、何か言われるとすぐに
 シャットアウトスイッチが入ってしまい、
 女性の言うことに耳を傾けなくなるのです。
 特に嫌な話し、グチなどを言われると、このスイッチがはいり、
 全く聞いてないか、ほとんど上の空状態になってしまうのです。

 つまり、度重なると、男性にグチを言っても、
 おそらくほとんど聞いてもらえないということです。


 また、その男性の母親がグチの多い人であったとすると、
 ますます、グチに対する拒否反応は強くなるでしょう。

《女性の脳》


 女性の場合は、左脳が発達していて、言語に関するボキャブラリーが
 豊富な上、左と右脳をつなぐパイプの太く、
 両方の脳を動かして反応することができるので、感情も言葉も豊かです。
 女性の場合は、いろんなことを一度にできたり、考えたりすることが
 瞬時にできるということになります。

 女性の場合は、左右の脳がフルに働きますから、1つのことでも
 どんどん話しがふくらむ傾向にあります。
 つまり1つのグチから、さらに次のグチ、過去のグチへも広がって
 行くのです。

 また、覚えておける脳の容量も、男性より大きいとされています。
 そのため、グチは、いつ何時でも、思い出せるように保存されて
 しまいます。
 いったん保存されてしまったグチは…そう容易に消えないのです。
 つまり…女性のグチは、吐き出されても、消える訳ではなくて、
 なんと、たまっていくと言えるのです。
 そして、何度も何度もくり返してグチれるのです。


 脳の働きが、グチを貯めたり、思い出したりするのを
 助けているんですねぇ。

 また、男性の聞いてくれないという反応が、女性の脳をさらに
 刺激して「聞いてくれないのは、私を思ってない証拠」だとか、
「愛情がなくなった」と余計な感情を呼び起こしてしまうのです。


こんな違いがあるので、グチに対する反応が全くかみ合わず、
互いにイライラすることになってしまいます。

少しはグチについて、わかって頂けましたか?
今週は、ココまでですが、来週は、
じゃ、どうすればいいのか、を取り上げてみたいと思います。

参考文献 「男女の違いの参考文献一覧」


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。