width=10
ことば探し
★楽しい毎日、楽しい毎日。楽しく、楽しくやりましょう!★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02614906

■本の検索■


出典名: ベスト・パートナーになるために
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 男女・恋愛
副題: 男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた  
著者: ジョン・グレイ 
訳者: 大島 渚 
出版社: 三笠書房 (2001/05)  
 
本の内容: 「男は火星人から、女は金星からやってきた」
ということばからはじまる男女間についての現代のバイブル的な本。                   
例えば、『愛に「被害者」はない』では、

「女性は、往々にして自分が相手に尽くしすぎたと気づいた時、
 その不幸を相手のせいにする。
 彼女は、自分が相手から得たものより、与えたもののほうが
 大きかったことについて不公平を感じ、損をしたと思うのだ。
 そして相手を責める」
と書いてあります。

それに対して男性は、
女性がそのことについてコトバにしない限り、
今のままで満足していると考え、
「女性が彼の頼みや要求に対して「YES」と答えている限りは、
 彼女は満足しているものだと勘違いをする。
 自分が十分すぎるほどのことをしてあげていると
 勝手に決めつけるのである」
と言っています。

つまり、
女性側の気持と男性側と考えていること、思っていることは
全然違っているということ
ですね。
違いを理解し、その違いを認めることが大事なのではないかと
教えてくれています。
本当にためになる本です。一読をおすすめします。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
「どこか行きましょうよ。私たち最近  ちっとも外出していないじゃない」 という女性の言葉を訳すと次の しかし男性はふつう、このような解釈をせずに、 次のような意味の取り方をするものである。 「あなたは 2005-06-07
人というものは、 自分が必要としているだけの愛情を 得ることが出来なかった時、 相手を逆恨みすること 逆恨み事件がこの頃多い。 先日も新聞に、自分の酒のつきあいを断った部下を 殴る蹴るしたあげくに 車で 2004-11-15

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』