width=10
ことば探し
★私は、失敗することを恐れず、自分がいいと思ったらチャレンジする勇気があります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03896377

■「今日のことば」カレンダー 2020年09月■
2020年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
2019年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2018年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2020-09-23 width=22《お知らせ》

■相談室「楽になろっ!」やっています。
 男性も女性も気軽にどうぞ。
 自分の本音を吐露できると、大分楽になりますよ〜
 ★詳細→相談室「楽になろっ!」

■「無地のカード」好評発売中!」
 自分のビジョン、目標を書き込む、お礼カード、
 アファメーションカードとして幅広く使える、
 便利で美しいカードです。
 ★詳細、使い方などは↓
  「無地のカード」
 ★購入はこちらから↓
  http://amzn.to/2IlvQmb



礼儀やマナーについて敏感な人がいます。
これは、ニューヨークの地下鉄の話です。
ある駅から3人の幼い子どもを連れた
男性が乗ってきました。

子どもたちは電車の中を大声で歩き回ったり、
イスに立ち上がったり、大騒ぎをしていました。
ところが、お父さんらしき男性は疲れているのか、
子どもたちの行動に注意もしません。

隣に座っていた男性は
「彼の監督不行き届きだ。自分が言わなければ」
と思って、
「子どもたちがこれだけ騒いでいるのに、
 止めないんですか。みんな迷惑していますよ。
 非常識です」
とお父さんに抗議しました。

すると、お父さんがはっと顔を上げて答えました。
「すみません、気がつきませんでした。
 いま気が動転していて。
 妻がさっき病院で亡くなりまして、これから
 家に戻って葬儀の準備をするところなんです」

隣の男性は、その理由を聞いた途端、
絶句しました。
「監督不行き届きの父親と、しつけのなってない
 幼い子どもたち」と映っていた映像が、
「妻の死に途方にくれた父と、母の死を
 把握できていない不憫な子どもたち」
に変わった瞬間です。

自分の知り得た部分的な情報だけで人を判断し、
「裁く」という行為がどれだけ意味のないとかを
教えてくれるエピソードです。
 
2020-09-18 width=22
「子どもがあの学校に合格しますように」
「病気が治りますように」
「あの会社に就職できますように」
と私たちは祈ります。

ところが、子どもは不合格、病気は治らない、
就職も行きたいところには行けなかった、
ということはよくあることです。
「神も仏もあるものか」と言いたくなるのは、
こういう時です。

ところが、実は、
「求めること、捜すこと、戸を叩くこと」
も大切ですが、それに応えて与えられるものを
謙虚に爐い燭世心瓩里曚Δより大切なのです。

激しく求めただけに、その求めたものが
与えられなかった時の落胆、
捜しものを見つけられなかった時の失望には、
計り知れないものがあります。

でも、そういう切なさ、辛さこそが、
実は人間が成長してゆく上で、
「本当に大切なもの」「必要なもの」
だったのだと、必ず気づく日があるものです。
 
2020-09-16 width=22
真面目で責任感の強い人は、他人の愚痴に対しても
「解決してあげなくちゃ」と
全力で正論をぶつけてしまいがちです。
「そういうときは、こういうふうに
 してみたらどうだろう?」
「辛いのはわかるけど、そのやり方では
 ダメだと思う。一緒に考えよう」
これらの言葉は、たしかに正論かもしれませんし、
それで解決するのかもしれません。
ただ、こう言われたほうの気持ちは、
「納得がいかない」のではないでしょうか。

私たち精神科医の仕事は、まず
患者さんの話を聞くことから始まります。
患者さんがどんなことを話しても、
ひたすらうなずいて耳を傾けます。

そうすることで、患者さんは心に溜まった
言葉をはき出し、多少なりとも気持ちの
整理がつきやすくなります。
もしも、患者さんの話に
「それは間違っている」などと言ったら、
きっと患者さんは心を閉ざして何も話して
くれなくなるでしょう。

「なんとかしてあげたい」と思うなら、
愚痴を聞くときにはまず、意見を言いたい気持ちを
こらえてみることです。
適切なアドバイスをしているはずが、
相手にとっては「正しさ」の押しつけに
感じられるとしたら、それは、
非常にもったいないような気がするのです。
 
2020-09-11 width=22
仕事にかかる時間を少なめに考える人は多い。
数年前、石造りの家の建て方を説明した本を
買ったのだが、それを読むと、
いかにも簡単そうに書かれてあった。

そこでさっそく私は、オレゴンの山地に
ロマンチックな石造りの家を建てることにした。
私は、緑の真ん中に輝く石造りの家を
イメージすることさえできた。
しかし、実際に石とセメントを使って
作り始めると、現実の厳しさが見えてきた。

仕事に必要な時間を計算するには、
最初予想した時間を少なくとも
3倍にして考えることである。
仕事の内容によっては
5〜10倍も時間がかかることもある。
それは、最初にどれだけ現実的に
見積もったかによる。
 
2020-09-09 width=22
あなたはつぎにあげる考えを正しいと思うか、
それとも間違っていると思うか?

・私はいつもみんなに愛され
 尊敬されていなければならない
・私はいつも機嫌がよくて幸せで
 楽しい人間でなけばならない
・私はいつも自分のベストを発揮して
 いなければならない

これらの考えは非現実的で間違っており、
不安や落胆を産む元になる。
人間である以上、ときには憂鬱になったり、
ダウンしている日があって当然だし、
何をやってもうまくいかない
ときもあるのが普通だ。
不思議なことに、このことを正直に認めて
しまうと、心の弾力性が増してくる。
 
2020-09-07 width=22
グラブ作りを60年続けられること。
26年下積みを積めること。
これは強力な能力だ。

だからといって、
「みんな26年下積みをしなさい」
「26年下積みしなければ一流になれない、
 成功しない」と言っているわけではない。

ただ、一度決め、決めたらひとまずそれに
徹底して打ち込んでみる。続けてみる。
その決心をして、打ち込んでみて、
続けてみるということは、
必ず何かにつながっていく。

打ち込むときに明確なビジョンはいらない。
将来、明確なビジョンが見つかってから、
動きだそう、本気になろう、では遅い。
考えているだけでは、結局何も見つからない。
続けて、打ち込んでいるうちに
何かが見えてくる。
 
2020-09-04 width=22
何につけ、
柔軟性を持つということが大切だと思う。
世の中に流布する「生き方のノウハウ」の
類のように「こういうときはこうしなさい」
と、具体的に言えないところが弱いが、
心の持ちようを説明するには
このようにしか言えないのである。

なぜなら人間は
善とも言えない、悪とも言えない。
強いていうなら不可解なものなのであるまいか。
不可解なものを扱うときには、
こちらもなるべく柔軟な姿勢で対さないと、
とんでもない誤解や思い込みをして
しまいかねないのである。

八起会の倒産社長が、
「人生には上り坂もあれば下り坂もある。
 おまけに「まさか」という坂まであるから
 難しい」と言っていたが、
人間だってその通り。

十分に理解していたつもりの人が、突然に
「まさか」と思うようなことをしでかしたりする。
何とも不可解なものだとつくづく私は思う。