width=10
ことば探し
★私は、積極的に発言します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03145701

■「今日のことば」カレンダー 2018年6月■
2018年 : 1 2 3 4 5 6 7 
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2018-06-28 width=22
自分の心身の調子が悪いとき、
人生が悪い方向に向かっているとき…そんなとき、
「早めに弱音を吐く」ことができるのは、
精神的な立ち直りの大きなきっかけのひとつになります。

その意味では、
「周囲の人に弱音を吐けること、助けを求めることができること」
は、タフに生きるための1つの「能力」であるとも言えるでしょう。

しかし、男性の多くはそれができません。
弱音を吐くと、男としてのプライドが揺らぎ、自分の
存在価値が低下してしまうように思ってしまうからです。

もしプライドを捨ててしまえば、
自分の存在価値はどこにあるのかを見失うことになりかねません。
これは、男性に限った話ではありませんが、
存在価値がわからなくなれば自分を肯定することが
出来なくなってしまうのです。
 
2018-06-27 width=22
失敗やトラブルは、
残念ながらこれからもあなたの人生や、
この人間社会からなくなることはないでしょう。
あなたの人生をだれも代わることができません。
いえ、だからこそ、
あなたにしか動かせない人生というものがあるのです。

「ようし、どうせ逃れることのできない人生なら、
 覚悟を決めて切り開いていくか」
と腹を据えてみませんか?

必ずやそんなあなたを
「縁生(えにし)」がお手伝いしてくれます。
あなたの周りに、必ずあなたの背中を
そっと押してくれる人との出会いや、
そんな出来事が待っています。

自分一人で背負い込む必要はありません。
そういう他者からの「縁生」の力を頼って、
ともに歩いてみてください。
そのとききっと、あなたの運命が開かれていくことでしょう。
 
2018-06-25 width=22
「人にめいわくをかけてはいけない」とか
「駐車場は所有者以外、使ってはならない」とか、
そういったルールが社会運営上、有用なことは確かです。

けれども、
「絶対守るべきだ、守らないヤツは
 ゴミのような連中であり、攻撃しても構わない」
ということもあり得ない。

もし自分がルール違反により不利益を被っているのなら、
必要最低限の手続きを通じて温和に解決を図れば良いのです。
そこに、相手への敵意が伴ってしまうと、
それは、単に不利益を退けようとしているのではなく、
ルールに従う、そして従わせることによって、
自分の価値や正しさを支えようとするという、
精神的脆弱性のほうが問題になってしまいます。

誰もが自分と同じ距離感で、
ルールと接しているわけではないのです。
 
2018-06-22 width=22
読書でも音楽でもスポーツでも、映画でも模型でも、
とにかく何かに熱中している姿を子どもに見せてあげてください。

最近は、小学生でさえ猯笋瓩浸勠瓩多くなっています。
「そんなの、やっても意味ないじゃん」
「友だちに、そんなこと話してもわからないよ」
「どうせ、やってもムダでしょ」
何もしないうちから、白旗を揚げるようなことをいうのです。

なぜ、こんなに冷めてしまっているのか。
いろいろな原因が考えられるでしょうが、
私がいちばん大きいと思うのは、やはり親自身が何かに
熱中している姿を子どもに見せていないからではないでしょうか。

熱中している親の姿を見たことのない子どもに、
勉強のときだけ「一生懸命やれ」などといっても、
ことばがむなしく漂うだけです。
 
2018-06-21 width=22
人間は宇宙的にいえば、ごく短い間しか生きはしないのだ。
つかの間の人生なら、なるべく楽しく暮らしたほうがいい。
それでは、人は何が一番楽しいんだろう。
何が一番嬉しいんだろう。
その答えが「よろこばせごっこ」だった。(略)

人は、人がよろこんで笑う声を聞くのが一番うれしい。
だから、人がよろこび、
笑い声を立ててくれる漫画を長く描いてきた。

自分が描いた漫画を読んで子どもたちがよろこんでくれる。
その様子を見て、自分がうれしくなる。
こうしてよろこばせごっこができることが本当に幸せだ。
あなたは何をして、よろこばせごっこをしていますか?
 
2018-06-20 width=22
同行した40代の配達員の男性に、
「不安はないのか?」と聞くと、
鋭い視線で答えが返ってきた。

「怖いです。
 (体に)どういう影響があるかまだわからないんで。
 でも、ここで生まれ育ったものですから、
 ここを捨てるのは悲しいので、ここで頑張ろうと思います」

私たちが「被災地」として記録している場所は、
彼にとっては、命を懸けて守ろうとしている故郷なのだ。
 
2018-06-18 width=22
自分に対する見方や、物事に対する反応の仕方には、
いくつか明確な種類がある。
それをざっと8つのタイプに分類してみた。

≪都合が悪い出来事が起きたときの8つの反応≫

第1のタイプ 自分以外に原因を見つける人
第2  〃  運命のせいにする人
第3  〃  被害者意識にこり固まる人
第4  〃  逃げ回る人
第5  〃  言い訳する人
第6  〃  反撃する人
第7  〃  へつらう人
第8  〃  殉教者になる人
       (やみくもに我が身を犠牲にする)
 
2018-06-15 width=22自分と異なる考え方に出会ったとき、
立ち止まって考えてみよう。
もしかすると、
自分の今までの考え方が間違っていたのではないか、と。

実際、これはきわめて重要な問題である。
なぜなら、あなたの言動のすべて、あなたの考え方の結果だからだ。
あなたの人生を左右する多くの要素の中で最大の影響力を
持っているのは、あなたの考え方である。

自分と異なる考え方について考えるとき、
それを受け入れることが自分の人生に
どんな影響をおよぼすかを考えてみよう。
それはよい影響か悪い影響か?
これはたいへん有意義な問いかけだ。(略)

こう考えてみよう。
自分と異なる考え方には、人生を変える可能性がある。
新しい考え方は新しい選択であり、
新しい行動の出発点なのだ。
 
2018-06-14 width=22
笑いについて興味深い事実を指摘しよう。

・健康の増進に役立つ。
 笑うとエンドルフィンが分泌され、気分がよくなるだけでなく
 免疫系を強化することができる。

・おたがいのコミュニケーションの潤滑油になる。
 明るい笑いを取り入れると、ほとんどの会話はなごやかに
 進行する。

・人生に取り組む姿勢を改善することができる。
 いらいらや不快感を解消してリラックスするのに役立つ。

・寿命を延ばすことができる。
 一般に、よく笑う人はそうでない人よりも長生きすることが
 知られている。

・怒りを鎮めることができる。
 私たちは怒りながら笑うことができない。

状況が絶望的に思えたとき、どうすべきか?
誰かが「こうなったら笑うか泣くしかない」と言うのを
聞いたことがあるはずだ。あるいは、
あなた自身がそう言ったことがあるかもしれない。
その場合、笑うことが最高の反応だ。

笑っても事態が好転するわけではないかもしれないが、
気分的にはかなり楽になる。
笑って人生を快適にしていこう。
 
2018-06-07 width=22
雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)というお経の中に、
「無財の七施」という次のような教えがあります。

1.言辞施(ごんじせ)…やさしい言葉をかける
2.眼施(げんせ)…あたたかいまなざしを注ぐ
3.身施(しんせ)…身体による手当てを施す
4.心施(しんせ)…心をこめて施し、こころを与える
5.和顔悦色施(わげんえつしきせ)…やわらかな顔で接する
6.床座施(しょうざせ)…(席をゆずる、けんそん、下座の行い)
7.房舎施(ぼうしゃせ)…(一宿一飯、部屋を整え、もてなす)

この教えに、医療者の姿勢の原点が示されているような気がします。
と同時に、これは、どんな人間関係においても通ずる
<ふれあい>の大切さを説いた教えだと思います。
 
2018-06-06 width=22
誰かと別れずにいるからといって、
それでその人物を救える保証はない。
 
2018-06-05 width=22
「前提」に気づけば「視点」「行動」が変わる。

わかっているはずだけど、
あるいはわかっていなくては困るのに
意外にしっかりと「共有」されていないのが、
企業における前提ではないでしょうか。

時間がないから、あるいはいつまでも「目的は」などと
やっていると他の人に迷惑がかかるからといって、
「前提」をはっきりさせておかなかったために、
とんでもないどんでん返しが起きたり、
あとになって後悔したことはありませんか?

これは議論の場合だけでなく、チームで行動したり、
立てた戦略をさまざまな現場で実行したりするときも、
「ボタンのかけ違い」として起こります。

「前提」は、はっきりと理屈では説明されないことが多いため、
さまざまな意見が交錯、対立しやすく、突き詰めるよりは
「まあまあこれくらいで」となりがちです。

組織の中では、ともすると本当は了解したいないのに、
「暗黙の了解」ができあがっていたりします。
本来は前提をはっきりさせ、共有化することが
きわめて重要であるにもかかわらず、
「次の本題」に入ってしまうことが多いのです。(略)

どんなに考えてもいい解決案が思いつかないとか、
やってもやっても失敗ばかりだという閉塞感を感じている方が
いるとすれば「起点」「前提」をもう一度見直してみては
どうでしょうか。
 
2018-06-04 width=22
仕事ができないのに、なぜ、
政治にだけはあんなに長けている人物がいるのか…
その前提にあるのは、「あんな人が」であり、
その意味で、「自分のほうがもっと能力が高いのに」という
蔑視であったり、困惑であったりしたかもしれません。

しかし、もしそうした人にそれなりの能力があったと
考えたらどうなるでしょうか。(略)
じつは、仕事能力のない人がそれをわかっていて、
社内政治に打ち込んだら、一番手強いかもしれません。
そういう人は、仕事では評価される目がないのですから、
自分を守るためにそれこそ必死でおべっかを使うなど、
何でもするでしょう。

つまり、「能力がないのに」政治に走るのでなく、
「能力がないから」政治に集中しているのです。
とんでもなく偉くはなれないのなら、
会社や仕事に対する責任もないですから、
「会社をよくしよう」「がんばって業界NO1になろう」
なんて甘っちょろい考えをもっている同僚や部下よりも、
「自分を守る」ことに徹底できるはずです。

自分にはこれしかないと思いつめている分だけ、
いろいろな中傷やうわさも気にしないでしょうし、
自分を守るためなら、これまでの主張を変えることも
いとわないでしょう。
そうした「必死さ」に上司がほろっときてしまうのも、
無理からぬところがあります。

そうした人をさげすんだり、軽蔑したりするのは自由ですが、
「向こうは必死である」こともまた
肝に銘じる必要があるのではないでしょうか。
「あんなやつ、たいしたことない」と思っていると、
思わぬところで足をすくわれます。
 
2018-06-01 width=22
玉三郎さんにも、体力に余裕があった40代の頃は、
年をとっていく自分を受け入れたくない時期があった。
だが50代に入り、体力がはっきり落ちてきたという自覚とともに、
「これはもう、受け入れざるを得ない」
という心境になっていったという。
最近は老け役を演じた際、
「おばちゃん役も板についてきたでしょ?」
と自然体で口にしている。

「悲劇的なことでもなんでもなくて、
 この世に生を受けた人は皆、そうなっていくわけでしょう?
 年をとった自分がどうなってしまうのかわからない
 ということは怖いけれど、そのこと自体は仕方ないし、
 なるようにしかならないと思っています。

 怖がっていても仕方がないから、やっぱり
 今日、明日をやっていく。
 そうすれば、自然と行くべきところに行けるかな、
 という感じしかないですね」

 (遠くは見ない、明日だけを見続ける 
  歌舞伎役者/坂東玉三郎)