width=10
ことば探し
★私は、いつも自分の限界に挑戦し、それを楽しんでいます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03116893

■2018年06月01日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

玉三郎さんにも、体力に余裕があった40代の頃は、
年をとっていく自分を受け入れたくない時期があった。
だが50代に入り、体力がはっきり落ちてきたという自覚とともに、
「これはもう、受け入れざるを得ない」
という心境になっていったという。
最近は老け役を演じた際、
「おばちゃん役も板についてきたでしょ?」
と自然体で口にしている。

「悲劇的なことでもなんでもなくて、
 この世に生を受けた人は皆、そうなっていくわけでしょう?
 年をとった自分がどうなってしまうのかわからない
 ということは怖いけれど、そのこと自体は仕方ないし、
 なるようにしかならないと思っています。

 怖がっていても仕方がないから、やっぱり
 今日、明日をやっていく。
 そうすれば、自然と行くべきところに行けるかな、
 という感じしかないですね」


 (遠くは見ない、明日だけを見続ける 
  歌舞伎役者/坂東玉三郎)


出典元 「プロフェッショナル 仕事の流儀」スペシャル 挑み続ける力
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 NHK「プロフェッショナル」制作班

まゆの感想
玉三郎さんは、そんな自分を補うために、
公演中は、気晴らしをすることもなく、
舞台が終われば、まっすぐ家に帰り、すぐに着替えて、
待機しているトレーナーから1〜2時間ほど入念なケアを受け、
ストレッチをし、翌日のためにすぐに眠りにつく、
喉をいたわるため、友人との電話も控えるなど、
日常のすべては「舞台のため」という生活を続けているそうです。

そして、年齢を重ねてからは、歌舞伎役者の枠を越えて、
海外のアーティストとのコラボレーション、
中国の伝統劇の昆劇(こんげき)の女形として現地語で演じる、
和太鼓「鼓動」との共演、古い芝居小屋での公演など、
新しい表現を目指してチャレンジしているとか。

玉三郎さんの舞台は、
うまく表現できないのが残念ですが、
本当に引き込まれて見入ってしまいます。
動きが本当に美しいのです。
そして、見終わった後は、
なんともいえない、すごい感が身体に残るのです。
そんな感覚が残るのは、舞台にすべてをかけ、
舞台のために徹底的に身体をいたわっているからだと、
この本で知りました。

老いを感じると、あきらめたり、寂しさ、
情けない気持ちを感じたりしますが、老いを受け入れ、
身体をいたわっていこう、自分なりに、と思いました。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから