ことば探し
★自分で新しい分野を切り開き、進んでいく力があります★

■今日の「おすすめ本」■

2023年4月10日

 
タイトル
世界初をつくり続ける東大教授の 「自分の壁」を越える授業
著者
生田 幸士
出版社
ダイヤモンド社 (2013/7/26)
おすすめ度
★★★★★ ※おすすめ度について
《本からの紹介》

●「世界初」の研究を生み出し続け、東大で「バカゼミ」を
手がける著者が教える、
競争しないで勝ち続けるたったひとつの方法●

なぜ、多くの人は「そこそこ」で終わってしまい、「その他大勢」に
埋もれてしまうのでしょうか。
実は、突き抜け、明らかな結果を出すには<考え方のコツ>があったのです。
考える「方向」を変えれば、その他大勢から抜け出せると言いかえること
もできるでしょう。

では、人とは違う結果を出してきた人は、何をしてきたのでしょうか?

ジョブズのようにビジネスでも、ノマドのように人生でも、
競争しないで勝てるたったひとつの方法、それは、最先端は今までに
ない「ジャンル」を作ることなのです。
今、「そこそこ」でとどまっている人に必要なのは、ジャンルを作る
ためにこそ必要な「バカになる」力なのです。

そして、この「新しいジャンルを作ってその他大勢からはみ出す」
ことと「バカになる」ことは、
考え方を知って練習をすることで誰でもできるようになります。

「世界初」をうみ出し続けつつ、東大名物授業「バカゼミ」を
手がける教授だからこそ見えている、
これから大切な考え方とその道筋とトレーニングのやり方、
私たちが目指していくべきところを面白おかしく語る!
この本からのことば 感想 掲載日
ダブルメジャーの人材について、わたしの恩師、 森政弘先生は「π型の人間」という言葉で説明されていました。 みんな専門を2つ持ちなさい。 ちょうど「 生田先生は、 「もしかしたら、  「日本でダブルメジャーなんて無理だ。   2つの学科を卒業しなようとしていたら、   就職も遅れるし周りに差をつけ 2017-08-28
これは優等生タイプにとても多いのですが、 とにかくみんな頭でっかちなんですね。 なんでも頭の中だけで考えて、 「できる」とか「できない」の判断を下して 生田先生は、試作品を作ってみる他、 パッと思いついたアイデアを何パターンもの 「マンガ(絵)」にして、問題点や次なる発想を ひねり出したりしているそうです 2017-05-11
なによりも驚いたのが、アメリカ社会の、 「誰もやっていないから価値がある」 「人と違うことに価値がある」という、 ある意味日本とは正反対の考え方です。 生田先生は、 ○「みんな」がやっているものには手をださない ○「みんな」がやっていないからこそ、  そこに可能性を見出し、チャレンジする という 2017-04-27
高校生を相手に自分の研究や考え方についてお話すると、 質疑応答の時間にこんな質問がとんでくることがあります。 「おもしろいロボットやマイクロマシンを 生田先生は、こんなことも言っておられます。 「いまの日本には「バカ」が不足しているし、  おそらくみなさんにも「バカ」の成分が足りていないはずです。 2017-04-26

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ