width=10
ことば探し
★私はセックスが大好きです!★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03750899

■「今日のことば」カレンダー 2019年5月■
2019年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 
2018年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2019-05-27 width=22
確実なものを求め、すべてをはっきりさせようと
するのをやめれば、ストレスの大半は消えてなくなる。
わかることなんて一つもない。(略)

人生は冒険だ。
そこには無数のチャンスが転がっている。
その壮大で、恐ろしくて、同時にわくわくするような
不確実さをフルに100%楽しめるかどうかはあなた次第だ。

「先が分からないおもしろい」
このシンプルな言葉を口にすることで、
あなたの生き方は一変する。
人生は瞬間ごとに変わっていく。

唯一確実なのは、
この先どうなるかなんて、わからないということだけ。
わかるのは、わからないということだけだ。
さあ、こう言って楽しもう。
「先がわからないからおもしろい」
 
2019-05-24 width=22
他人と自分とを無闇に比べないほうがいいと思います。
自分自身への不満が噴き出して、
心が静まる時がなくなってしまう場合が多いからです。

他人と自分を比べると、往々にして、
自分の劣っている部分だけが気になってきます。
「あの人はどんどん収入を増やしているのに、
 どうして私の収入はこの何年か変わらないのか」
「あの人は才能に恵まれているのに、私には何の才能もない。
 自分の親を恨みたい気持ちになってしまう」
などのように思えてきて、なにか自分だけが
不幸な運命に見舞われてばかりいるように思えてくるのです。

その結果、
「自分はどんなにがんばっても、しょせん幸せにはなれないんだ」
と、投げやりな気持ちになってしまいます。
また、自分自身の人生に対する怒りの感情にとらわれてしまって、
ちょっとしたことでキレてしまいそうなります。

しかし、そんなふうに感じる自分自身にも、
実際には、いいところがたくさんあるのです。
しかし、他人と自分を比べてばかりいると、
そんないいところがみえなくなってしまいがちなのです。
他人と自分を無闇に比べるのではなく、
「自分は自分、人は人」という割り切った気持ちで
生きていくほうが楽だと思います。
 
2019-05-23 width=22
相手の心を読みすぎると、そのために自分の心が
振り回されてしまう、という事態になりがちです。

相手の心の中を読み過ぎるタイプの人は、
最近元気がない人をみて
「なにか悩み事があるのだろうか。
 もしかして私のことで悩んでいるのではないか?私の事を、
 「あんな不器用な人と一緒にいると、自分まで迷惑をこうむる。
  どうしたらいいんだろう
 と思って悩んでいるのではないか」
といった具合に、よけいな考えにまで及んでしまいがちなのです。

こうなると自分自身のほうが、
どんどん落ち込んでいってしまうことにもなりかねません。
ですから、相手の心の中を察するにしても、
「何か、悩み事があるのではないか」
というところで止めておくほうがいいと思います。
その「何か」まで、自分のほうで勝手に悪い方向に
想像をめぐらさないほうがいいと思います。
 
2019-05-22 width=22
「君のことが好きだ、
 理由なんかないけど君のことが大好きだ」
「一緒にいられてとても嬉しい」
「君がいるっていうだけで、今日も生きている張りあいがある」
「僕の子どもとして生まれてきてくれてありがとうね」
「君の全部が好きだ、全部だ」

今さらこんなことを言わなくても、てれちゃう…
でも今これを伝える勇気を持たないと、
失うものが多すぎます。
 
2019-05-21 width=22
弁護士になりたかったけれど、司法試験に受からずあきらめた。
憧れの女性との恋が実らずあきらめた。
そういった、過去にあきらめたことを、今も引きずっていると、
いつまでも後悔の上に立っているような後味の悪さを感じながら
生きていかなければなりません。

そして、やりたくない仕事を任されたときに
「こんな仕事、したくなかったのに…」と否定的になったり、
「好きなことを仕事にできなかったからつらいんだ」と
勝手な自己分析をしてしまいます。(略)

冷静に考えると、希望の職業に就けたとしても、
上司や部下に恵まれないとか、過酷な労働環境で
働かなければならないこともあります。
どんな選択をして、何をあきらめてきたとしても、
今いる場所は、あなた自身が歩んできた先にあったのです。

ですから、過去の自分があきらめたことを、あきらめる。
言い換えるなら、現在の自分を受け入れることが大切なのです。
 
2019-05-20 width=22
家族や友人と過ごす時間も、
ストレスが溜まっているとぎくしゃくすると
感じませんか?

なぜか言い争いばかりになる。
いつもなら笑って済ませられることにイライラしてしまう。
そんな経験があると思います。

そういったときは、どちらかがストレスを抱えているために
相手を傷つけるような言動をとっている可能性が高いのです。
また、疑念や嫉妬といった気持ちを
持ちやすくなることもあります。
配偶者や恋人が浮気しているのではないか、
自分を嫌っているのではないかと、
急に不安に襲われることもあります。

ですから、特に夫婦の場合、どちらかが
頑張っているときほど、関係が崩れやすくなります。
頑張っている本人は、相手を傷つけていることに
気づかないまま、「自分は頑張っているのに」
という思いだけを押しつけてしまうことになるからです。
 
2019-05-18 width=22
楽しかったら楽しいと言いましょう。
相手がしてくれたことで気持ちがよかったら、
素直に言葉に表現しよう。
相手もきっと喜んでくれるはずです。

身体の感覚や感情こそ、自分そのものの出発点です。
身体の自然な欲求に従ってみましょう。
気分が悪く、どうしても仕事がはかどらないときは、
思い切って休みをとって遊びにでよう。

マズローも、
「自分は何を喜びとしているかを見る能力を取り戻すことが、
 大人にとっても踏みにじられている自己を再発見する
 最善の方法である」
と述べています。

こうした自分になろうとする努力をしていると、
自分の殻が取れる感じがします。
肩の力が抜ける感じがします。
自分の感性が回復しつつあることを感じます。
素直な感情を取り戻しつつあることを感じます。
自分自身をたしかに生きている、という実感が得られます。
 
2019-05-16 width=22
人生には勝ちも負けも存在しません。
ただ自分が生きてきたという事実が、そして、自分が
どれだけ満足であったかということだけが残るのです。

だとしたら、これまでの人生を慈しみを持って
受け入れようではありませんか。
これまで生き抜いてきた自分を、
褒め称えようではありませんか。

自分と自分の人生を受け入れること。
これだけでも自己価値の感慨が湧いてくるはずです。
なぜなら、それは、自分と自分の人生を
価値あるものと讃えることなのですから。

自分で自分の人生を愛さなかったら、
だれが自分の人生を愛してくれるでしょうか。
 
2019-05-15 width=22
「習うより、慣れろ!」とはよく言ったものです。
感想力トレーニングの基本は、まさにこの格言どおり、
場数を踏むことに及ぶものはありません。

舞台や講演会に行ったら、自分なりの感想を考える。
奥さんや恋人の手料理には、必ず「うまい」以外の
ひと言を付け足す。
大切なのは、面倒くさがったり逃げたりせずに、
とにかく感想を口にすること。

野球でいえば、何はともあれ打席に立つことです。
ときにはピントはずれの感想を言ってしまって
恥をかくこともあるでしょうが、それはそれ。
最初から10打数打とうなんてムリな話ですから。

そもそも失敗を恐れるのは、打席に立つ回数が少ないからです。
「来週の会議では、うまいことを言ってやろう」と爐海外貳岫
しか狙おうとしないから、失敗がダメージになるのです。
一打数一安打の10割バッターより、三割バッターでいいから、
できるかぎり打席に立った人の方が成功のはずです。
積み上げた経験こそが、いざというときに役立つものなのです。
 
2019-05-14 width=22
「フラット=ふつう」でいいんだよね?
テレビ番組のプロデューサーとして、ぼくはタレントさんに
「ふつうでいいですから」と送り出すことにしています。
タレントさんのようにしゃべり慣れている人でさえ、
がんばろうとしている人に「がんばれ」とたたみかけると、
かえって混乱してしまうのです。

そこでぼくが考えた「ふつう」でいるための条件、それが
「必要以上に○○しない」というキーワード。
どんな状況でも、必要以上でなければ、
自分をフラットな状態にとどめておけると思うのです。

必要以上に、笑わない。
必要以上に、怒らない。
必要以上に、泣かない。
必要以上に、感謝しない。
必要以上に、感動しない。
必要以上に、力まない。
必要以上に、大声をださない。
必要以上に、長くしゃべらない。
必要以上に、へりくだらない。
必要以上に、威張らない。
必要以上に、リアクションしない。
必要以上に、形容詞を使わない。

これはあくまでコメントの表現についての基準です。
それぞれの生き方や趣味においては、
必要以上にやるべきこともあるでしょう。
もちろんそれは、その人しだい。
大いにやっていただいていいのです。
 
2019-05-13 width=22
精神的に追いつめられても追いつめられても、
なお寛容の精神で持ちこたえるほど人間の度量は広くない。
だから、いくら怒り心頭に発する出来事があっても、
怒りの対象とした人間を極端に追いつめるのは好ましくない。

その一方で、心の狭さは、
「他人のやっていることが道義的に許せない」
という正義感の強さを生むこともある。
だから、心の狭い人間が正義感を持って、
心の狭い人間を猛烈に追い込んでいったら、
極端な「化学反応」を起こして、
どんな悲劇につながるかわからない。

100%向こうに非があるとわかっていても、
時には追求の手を意識的にゆるめることも
社会生活では必要だ。
正論を押し通せば、必ず相手が折れて謝る、
と保証できるほど人間は甘くない。
それは、自分自身を顧みれば明らかだ。
 
2019-05-10 width=22
言葉はコミュニケーションの道具だ。
そのコミュニケーションでいちばん大切なのは、
真実や本心を相手に伝えることであって、
感じのよさを演出することではない。

ところが日本人は、ホンネを言うのに臆病だ。
本心をその場で言えず、あとになって言ういやらしさがある。
ネットで隠れて物を言うのは得意だが、相手と面と向かうと
自分の意見が言えない。そして、無意味な笑いで、
その場を和ませることに懸命だ。(略)

それもこれも、真実のコミュニケーションよりも、
相手にとって感じのよい自分を演じることのほうが大切だと
思っているからだ。
 
2019-05-09 width=22
やさしさが巷に溢れている。
やさしくない人は敬遠される。
だからだれもがやさしい自分でありたいと思う。

でも、改めて考えてみると、
何がやさしさなのかよくわからない。
叱らない親は、自分のことをやさしい親だと思っているかも
しれないが、子どもはそこに嫌われたくないといった利己的な
匂いを嗅ぎつけ、頼りがいのない親だと感じていたりする。

ミスをしてもうるさく叱らない上司、何でも言い分を
聞いてくれる上司のことをやさしいと言う人がいるが、それは
本当にやさしさに裏打ちされた態度なのかは非常にあやしい。

やさしい彼氏でいいねと友だちから言われるし、人当たりは
良いし、やさしい言葉をかけてくれるものの、今いち本気で
つきあっている手応えがなく、やさしいのか関心がないのか、
よくわからないとこぼす人もいる。

周囲を見わたしてみると、
表面的なやさしさが蔓延しているようにも思える。
 
2019-05-08 width=22
ほめて育てられ、ほとんど叱られたことがない
という若者が増えている。

「僕たちは、ほめられて育った世代だから、ほめてもらえないと
 へこむし、やる気になれません」
「私たちは、ほめて育てられたから、ほめられて伸びるタイプだし
 叱られるのは苦手です」
などと自ら言ったりする。

そんな若者ゆえに、厳しい扱いには非常に弱い。
厳しく注意されたりすると、傷ついたり、落ち込んだりしやすい。
まずい点を指摘されても、そこを反省して直そうという気持ちより
不快感の方が強く、反発する気持ちの方が勝る。
あるいは傷つきに耐えられずに逃走する。(略)

このような傷つきやすい若者は、
社会に出ていきなりそうなったわけではないはずだ。
望ましくない行動をしても、業務を果たさなくても、
厳しく叱られたことがない。
そうした、叱らない子育てや教育の結果、
傷つきやすい心がつくられてきたのであろう。
過保護なほどにやさしい保護膜に守られて育ったのに、
いきなり厳しい現実に投げ出され、そこに立ち向かえと
言われても困惑するばかりなのは当然と言える。
 
2019-05-07 width=22
人はそれぞれ自分のことで忙しく、
関心はもっぱら自分のことに向いています。

私たちは、自分が失敗したことや恥をかいたことを
次々と思い出せますが、ほかの人の失敗や恥ずかしい出来事は、
ほんの少ししか思い出せません。
ほかの人に対しては、自分に対するほど関心がないからです。

それは、誰もが同じです。
人はみんな、それぞれ生活があり、
あなたが気にするほど、
あなたに気を留めているはずがないのです。

また、ほかの人は無数にいて、
それぞれお互いに注目の対象となるのですから、
「あなただけに注目している」ことなどあり得ません。

いちばんあなたを気にしている人は、あなた自身です。
あなたほど、あなたを気にしている人はどこにもいません。