ことば探し
★パートナー(○○さん)が必要なときには、いつも側にいます★

■2011年10月05日の「今日のことば」■

前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
たとえば、もしあなたが自分の仕事を失うことが心配なら、
時間を守り、一生懸命仕事に働き、そして
上司や同僚とうまくやるよう努めるだろう。


しかし、もし仕事を失うことに対して心配しすぎたり、
深く悩んだりしたら、あなたは仕事を失いはしないかという
考えにとりつかれて時間やエネルギーを浪費してしまい、
そして仕事を適切にこなす自信を失うことになるだろう。

その結果はどうなるだろうか。
あなたは仕事を失うか、あるいは仕事を失わなくて胃ガンになるか、
あるいは、働きながら大きな精神的苦痛を感じるかであろう。

出典元 どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
おすすめ度 ★★★★☆  ※おすすめ度について
著者名 アルバート エリス

まゆの感想
よく「心配しすぎるとよくない」と言われるのは、
心配にとらわれて冷静さを失い、妄想がふくらみ、
身動きがとれなくなり、周りにも心配をかけるようになり、
そうなることで、本当に心配している方に向っていくからです。
まるで自分でそれを引き寄せているかのように…

この本によると、そうならないようにするには、
その心配がどんなものか知ること、
その気持ちや感情を持つことが幸せか不幸かをまずは、
自問してみることが大事だといっています。

そのために、心配があるなら、その心配を書き出してみて、
何がそれほど心配なのか、どうなることがそれほど心配なのか、
たとえば、
仕事がなくなることが心配→それはなぜ?
生活ができなくなる→できなくなるとどうなる?
周りに知られるのが恥ずかしい→それはなぜ?
など、その先にある自分の思いや考えを知る必要があるようです。
すると、「ああ、本当はこれが怖いんだ、これがいやなんだ」
とわかります。

それがわかったら、その中のひとつでも、
対処方法や解決方法を考え、それを実行してみること、
すると、それが冷静さを戻し、安心感をもたらし、さらには、
それほど心配しなくても大丈夫と自信になっていくようです。

何もせずに、ただただ頭の中でいっぱいに心配していることが、
いちばんよくない心配の仕方のようです。
心配しているなら、何かしてみましょう。
せめて書き出してみてくださいね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 27985pt
93%

そうでもない: 1081pt
3%

どちらでもない: 856pt
2%
メールマガジン(月~金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ