ことば探し
★今の仕事は、私にぴったりで、まわりからも評価されています★

■今日の「おすすめ本」■

2024年4月1日

 
タイトル
するどい「質問力」! 問題を1秒で解決する
著者
谷原 誠
出版社
三笠書房 (2008/5/23)
おすすめ度
★★★★☆ ※おすすめ度について
TVで活躍している弁護士の著者が、質問力をあげるノウハウを
教えてくれる本。

著者は、質問についてこう語っています。
「質問する脳力は、あなたの人生に大きな力となる一方で、その
 質問がするどいかナマクラかで、全能力が相手に見抜かれて
 しまうのです。
 的確なタイミングで的確な質問を繰り出すと、欲しい答えが得ら
 れるばかりか、「この人は出来る人だな」と相手に強い印象を
 与えます。
 逆に、質問のピントがずれていると「論旨を理解しているのか」
 「仮説を立てた上で尋ねているのか」など、たちどころに評価を
 下げてしまうのです。
 この「するどい質問の力」を知って、上手に使うできる人が、
 ビジネスにおいても、人生においても思い通りにできる人に
 なれると言っても過言ではありません」

と「質問力」の大切さを指摘しています。

例えば、こんなことが書かれています。
 1.質問に対する「条件反射」を利用する
 2.思わず「イエス」と言わせる「二段階質問法」
 3.相手の「言質(げんち)」を取れば先に進められる
 4.質問を上手に織り込んだ「説得話法」
 5.巧みな「誘導尋問」のやり方
 6.この「ひと言質問」で相手の怒りが鎮まる
 7.質問で掘り下げて相手の「真のニーズ」を引き出す
 8.「二者択一質問法」が効果的な場合
 9.「答えを求めない質問」がある


本の末尾に、「必ず約立つ「1秒!」質問術シートが添付されて
いて、このシートを元に質問を考えてみると質問力は高くなると
思います。興味のある方は、ぜひ、本を読んでみてくださいね。
この本からのことば 感想 掲載日
「返報性(へんぽうせい)の法則」を活かす 自分が言いたいことを全部言い切り、 自分の話をじっくりと聞いてもらい、 相手に理解されたと思った時、人は満足 人は、人の話をきちんと聞くということが苦手で、 自分では聞いていると思っていても、実は、 「次に自分が何を話そうか」ということを頭の中で考えつつ、 聞いて 2012-03-15
「Why~?」という質問は、答えに論理性を要求します。 「なぜ?」と聞かれると、聞かれた方は、論理的に答えなければ、 と頭をフル回転させなければなりません。 なるほど、「Why」は、こう使えばいいんだと知りました。 確かに、「なぜ?なぜ?」と聞かれると、答えようとして考え、 それが辛くなってイライラしてきます。 2011-12-13
2人の50歳の男が顔を合わせた。 1人は投資家となり、悠々自適の生活。 もう1人はリストラに遭い、再就職を探している最中。 この2人の人生を分けたものとは この本では、他人にいい質問することも大切だけれど、 自分に日々している質問は、もっと大切だと言っています。 なぜなら、その自分への質問によって、考える方向が 2011-12-12

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ