width=10
ことば探し
★私にぴったりのパートナー、友人、仕事が見つかります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
5 6 7 8 
 
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
 
5 6 7 8 
 
2018年6月22日
タイトル 人生、熱く生きなければ価値がない!
著者 A.L. ウイリアムズ
出版社 三笠書房 (1990/02)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

アメリカの最大級の成功者が、自らの体験を元に教えてくれる成功
秘訣集。生き方や、考え方などヒントがたくさん書かれています。
アメリカビジネスマンのバイブルとも言われています。

著者は、成功の秘訣についてこう言っています。
「人生に対してどのような姿勢で向き合うか…これほどむずかしい
 問題はあるまい。私もこれまで、数多くの男性や女性の生き方を
 研究し、なぜ敗北する人間がほとんどで、成功者はほんのひと
 握りしかいないのか、その理由を考えてきた。
 そして最終的には、どのような姿勢で生きていくかが成功への
 最大の要素であるという結論に達した。
 勝利を収めるには、特別な秘訣などなにもない。1日1日を、
 全力でがんばりきることだ。そしてなによりも、人生に対する
 前向きな姿勢を失わないことだ。
 どんなことがあっても、このことだけは忘れないでほしい。」


例えば、こんなことが書かれています。
 1.自分が自信が持てなくて何ができるというのか
 2.「そこそこの人生、まあまあの生活」で妥協してしまうな
 3.仕事は“使命感”でやれ
 4.いくつになっても男のロマンを失うな
 5.よく働く頭ほどものごとを単純化して考えている
 6.人をうまく動かす人間の魅力
 7.自分の“逃げ場”を断て
 8.こだわりのない人間は大成しない
 9.大いに夢を見よ、だが夢だけに生きるな
 10. もっと熱く、もっとタフに生きよ


かなり、がっちりとした考え方、基本的な生き方がしっかりと
書かれている本です。
しかしながら、この本を読んでも、やる気を出し、実行に移す
のは、あくまで「あなた」なので、ただ読むだけで終わりに
せずに、実行し、やる気を継続させてほしいと言っています。
それが、ともかく成功への道に続くのだと。

この本からのことば 感想 掲載日
ゲイリー・プレーヤーは往年の名ゴルファーで、 国際的なトーナメントでの優勝も数知れない。 そんな彼は 人は、成功している人や、活躍している人をみて、 その表面的な華やかな部分だけに注目し、 その人のよう 2007-05-29
元気の出る話を聞くのは楽しい。 しかし、それだけではつかのまのカラ元気である。 自分の内なるなにかが やる気や意欲を継続的に持ち続けるのは、 大変なことだと思う。 誰かが、何かが、いつも、自分のやる気や 2007-04-29
「途中で絶対にあきらめてはいけない」と 私が力説するのにそれなりの理由がある。 なによりもまず、人 耳の痛い話である。 「あきらめぐせ」「負けぐせ」「なまけぐせ」 「途中でやめるくせ」「いいわけぐせ 2007-04-24




『おすすめ本の紹介』