ことば探し
★私は、必要な情報をいつも適切にすばやく得ることができます★

■今日の「おすすめ本」■

2023年4月21日

 
タイトル
人はつまずいた数だけ優しくなれる
著者
福田 純子
出版社
中経出版 (2006/11)
おすすめ度
★★★★★ ※おすすめ度について
フリーアナウンサーを経てエッセイストとなり、その後、笑顔の
意識改革を提唱、“笑顔共和国”を建国し、大統領として
「笑顔の種まき運動」を世界中に展開中の著者が、
笑顔でいきる考え方、知恵を質問に答える形式で教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「つまずいたとき「しまった」と思うと落ち込んでしまいますが
 「しめた」と思うと明るく立ち上がり、以前よりもっと多くの
 チャンスを手にすることもできるのです。
 もし、あなたがよくつまずく人であれば、そのチャンスをいっ
 ぱい迎えている人だといえますね。
 いろいろな出来事が自分の周囲で起きるたび、つまずきを感じ
 たりしますが、そのときあなたがどう反応するかで未来が
 変わってきます。
 つまずいた今このとき、これを試練と思わずに「心の登竜門」
 と受け止め、明るくクリアしてみたいものです。
 私も人生において、いろいろなつまずきを経験してきましたが
 今の私があるのはつまずいたとき、とりあえず前向きに行動
 したからだと思っています」


例えば、こんな質問に答えてくれます。
 ○噂話が好きなんです
 ○誤解されやすいんです
 ○人のアラにむかつんです
 ○夫が浮気したんです
 ○いつもチャンスを逃してしまうんです
 ○人をねたんでしまうんです
 ○人から「ダサイ」と言われるんです
 ○「口うるさい」と嫌われるんです
 ○ほがらかに笑えないんです
 ○深刻に考えてしまうんです


笑顔で前向きに生きていく考え方が満載です。
とりあえず、やってみようかという気持ちにもなれますよ。
この本からのことば 感想 掲載日
一つの風景でも、絵も、その人の見方でがらりと 違ったものに見えることがあります。 人に対しても、その人をどう見ているか、 「心の根」というものがあるのでは 同じことを語る場合でも、 いい方やその順番で印象ががらりと変わることは多いものです。 例えば、誰かに、 「□□さんは、とてもいい人なんだけど、○○なと 2013-09-10
心の中にプラスエネルギーを湧かすための「5つの笑福法」 1.「ふと」の気づき   日々の暮らしの中で、ふと気づくことが多くあります。   何かしら新し 「ふと」気づくこと、確かにあります。 そんなときには、ああ、そうだなぁ、なるほどなぁ、と、 その気づきを、素直に受け入れたいと思います。 「たまたま」 2013-04-10
善と悪、陰と陽、光と影。世の中のことはすべて このように正反対の二つのものから成り立っています。 善がよくて、悪が悪い。陰が悪くて、陽がいい。 プラスがよ そして、この話をこうまとめておられます。 「悪役のおかげで楽しい水戸黄門」 おお、なるほど、そうだ、そうだと思ったしだいです。 悪があるから、善が明確 2012-12-27
誰にだってつらいこと、思いどおりにいかないこと、 いやなことはたくさんあるものです。 でも、それは、人生に与えられた一種のハードルのようなもの。 笑顔で乗 「いいことがあったから笑うのではなく、  笑っているからいいことがある」 ホントにそうだと思うので、私も 笑顔で生きていくと決めています。 何があっても 2012-12-26

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ