width=10
ことば探し
★○○の資格をとることができ、とてもいい仕事についています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年1日18日
人間、とりあえず主義
2019年1日17日
ヒルティ 老いの幸福術
2019年1日16日
無理をしない、あたりまえの人生がいい
2019年1日15日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2019年1日11日
ああ正負の法則
2019年1日10日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2019年1日9日
大人の生き方 大人の死に方
2019年1日8日
がんばっていても不安なあなたへ
2019年1日7日
肯定的人生観のすすめ
2018年12日28日
いい言葉は、いい人生をつくる
2018年12日27日
人間関係と人生にキレない方法
2018年12日26日
心のネガティブを消してしまう思考のヒント
2018年12日25日
ああ面白かったと言って死にたい
2018年12日21日
心が晴れる はれ、ことば
2018年12日20日
人はなぜ悪口を言うのか?
2018年12日19日
遊んでいても結果を出す人、真面目にやっても結果の出ない人
2018年12日18日
小商人(こあきんど)のすすめ
2018年12日17日
人生心得帖
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
 
1 2 3 4 
 
2018年4月27日
タイトル 人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
著者 佐藤 雅幸
出版社 ダイヤモンド社 (2000/09)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

スポーツ心理学の著者が、負けパターンにおちいりやすい人、その
パターンから逃れる方法、スランプから抜け出す方法など、わかり
やすく、事例を取り上げて教えてくれる本。

負けパターンにはまりやすいタイプをこうまとめています。

 《タイプ1》体験ずみのプログラムに寄りかかろうとする人
       新しいプログラムに挑戦出来ない人。
 《タイプ2》周囲の評価を気にしすぎる人
       自分が周囲からどう見られているか…過敏過ぎる人
 《タイプ3》あれこもれも手を出すが、長続きしない人
       「自分には向いてない、合わない」などと言って、
       性急に結論を出し、中途半端なことを繰り返す人
 《タイプ4》ミスを取り戻そうとして、ミスの上塗りをする人
       ミスで平常心をなくして余計なことをしてしまう人
 《タイプ5》物事の優先順位が狂う人
       最初から難しい問題に取り組もうとする人
 《タイプ6》過去の栄光を引きずる人
       過去の自分を美化し、今の自分と比較する人
 《タイプ7》気分屋な人
       情緒の起伏が激しく、その日の気分に左右される人


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎月イチゴルファーがはまりやすい泥沼
 ◎勝った!と思ったときほど落とし穴がある
 ◎スランプは誰にでも訪れると達観した方がいい
 ◎なんかヘンだなぁと違和感を感じたら要注意
 ◎「どうせ…」という不毛な考えが負けパターンに追い込む
 ◎いざというときに大きな力を出せる心のスイッチを探せ!
 ◎「ねばならない」と「さあ、やろう」では結果が大違い
 ◎負けず嫌いが陥る、負けを認めたくないゲーム
 ◎去年成功したやり方が、今年も通じると思うな
 ◎人生はリーグ戦、途中経過に一喜一憂することなかれ


スポーツ心理から導かれた人間心理は、なかなか興味深くて、
人間心理に興味ある方にとっては、かなり発見があり、楽しめる
本だと思います。一読おすすめしたい本です。

この本からのことば 感想 掲載日
《お知らせ》 ■「日本の神様オラクルカード」紹介ページできました。  日本の神様に興味がある方は うまくできたのに、それをほめられずに、 ダメなところを指摘される…そして、がっくりする… そんな経験 2013-08-01
ストローク(※)のプラスマイナスには、1つの法則がある。 「人はストロークを求めてやまない。  そ こんな経験はないだろうか? 好きな子に、ついついイジワルをした経験、 目をかけてもらいたいばかりに、 2009-01-10
自分だけが成功すればそれで 四方丸く収まるのかというと、ちと違う。 人間は社会的な動物だ。 自分の この本には、こんなことも書いてある。 「世の中は一見、誰かが得をすれば誰かが損をする、  という構 2007-12-13
松岡修造さんは、テニスを始めた少年時代を、 こんなふうに回想している。 「とにかく、負けず嫌いでね 松岡修造さんは、その後、周囲の適切な指導もあり、 「目をそらしていては、何もはじまらない」 ことに気 2007-04-27
いまは、自分という畑を耕すことなく、 小手先のスキルや手っ取り早い方法だけで、 とりあえず作物を実ら 今どきは、最初から、 小手先でも、手っ取り早く、うまくやることが、 評価され、それを追い求めがちだが 2007-04-11




『おすすめ本の紹介』