width=10
ことば探し
★私は、欠点より長所に目を向ける人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03222057

■2013年08月01日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
《お知らせ》
「日本の神様オラクルカード」紹介ページできました。
 日本の神様に興味がある方は、ぜひ確認してみてくださいね。
  なにかと楽しめるカードですよ〜

ほめるのは、いい行動を現像したあとの定着液。

たとえば、タバコをやめたくてもなかなかやめられない人。
行動の一区切りごとに、いつもスパスパ。
こういう場合には「また吸ってるの」というのは逆効果だ。
痛いところをつかれただけにかえって意地になり、
「オレの勝手だろ!」なんてますますヘビーに吸いまくったりする。

それよりも、吸っているときにはあえて無視して、
喫煙本数が少ないときに「今日はタバコ、吸わないねえ」
と気持ちよくさせてあげたほうがいい。

こんなふうに、相手が目標を達成したとき、時間をおかずに、
評価することは、大きなプラスのストロークだ。
いいプレーに対しては「いまのはいいぞ!」と讃える。(略)

そうやってプラスのストロークを獲得しながら、
望ましい行動が定着していくのである。


出典元 人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 佐藤 雅幸

まゆの感想
うまくできたのに、それをほめられずに、
ダメなところを指摘される…そして、がっくりする…
そんな経験はだれでもあるのではないでしょうか。
人は、どうしても、マイナスのストロークの方を、
(*ストロークとは、簡単にいうと「刺激」のこと)
与えてしまいがちですよね、つい目について。

「やっちゃだめじゃない」
「やっぱり、やれなかったのね」
「へたくそ」「まずい」
「何度やってもできないわね」なんてね。

でも、そう言われると、
イヤな気持ちやできないときの惨めな気持ちを身につけ
次にやろうと思っても、
「どうせまた、うまくできない」
「うまくやっても、ダメだと言われるんだ」
なんて気持ちになり、消極的になります。

このような、マイナスのストロークより、
うまくいったときに「ナイスだね」「グッドジョブだね」
「いいね、いいね」「やったね」「おいしい」
「今のプレーは最高だね」「うまくできたね」
など、声をかえてあげるほうが、次にうまくできる確率が
高くなるそうですから、マイナスのストロークより、
プラスのストロークでいきましょう。
「ほめるのは、いい行動を現像したあとの定着液」
忘れないようにしたいと思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想2件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
83%

そうでもない: 1pt
16%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから