width=10
ことば探し
★私は、人生で起こることをすべて受け入れ、そして感謝します★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年11月7日
タイトル 脳には、自分を変える「6つの力」がある
著者 リチャード・J. デビッドソン (著), シャロン ベグリー (著)
出版社 三笠書房 (2013/2/1)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

世界的に有名な心理学者、脳神経科学者リチャード・デビットソン
科学記事コラムニストで編集者の二人が、脳の持つ無限の力を
教えてくれます。

著者は、「ホントの自分」はこの6つでできていると
言っています。
「心理学は、気性には4種類あるとか、性格には5つの要素が
 あるなどといって、いろいろな分類体系をたくさんつくって
 きました。
 また、大衆向けのメディアが取り上げる心理テストや占いは
 見ていて楽しいのですが、科学的見地からいえば、実証性は
 低いといわざるをえません。
 脳のメカニズムの厳密な分析から導きだされたものではない
 からです。
 私のいう「感情スタイル」は6つの要素から成り立っています。
 従来の性格分類などとはあきらかに違い、ここには最新の
 脳科学の知見が反映されています」


その6つとは…
 
 1.気持ちを切り替える力…回復力
 2.前向きな自分を保つ力…展望力
 3.人と共感する力…社会的直感力
 4.自分と向き合う力…自己認識力
 5.まわりの空気を読む力…状況への感受性
 6.ひとつのことに集中する力…注意力


で、これは、著者の研究と、世界中の科学者たちの発見によって
補完され、強化されてきた、人間の行動や感情の必須条件だそう
です。そして、一人一人の性格や気性は、この6つの
「感情スタイル」の組み合わせで表現できるということです。
そして、この6つが自分を変える力を持っているそうです。

詳しく知りたい方は、ぜひ、本を読んでみてくださいね。
なるほど、科学的にみたら、脳から読み解くとこういうことなのか
と思いつつも、ほんとうにこれで、自分を変えられるのかと、
正直疑問にも思いました。
そうそう、「瞑想」はいいそうですよ。

この本からのことば 感想 掲載日
何十年ものあいだ脳科学者たちは、 大人の脳が本質的に変わることはないと決めつけてきましたが、 今では 考えると、脳のなかで、こんなことが起こるそうです。 「頭のなかで考えただけで、  それぞれの脳部位 2014-10-14
しばしば自分自身の感情がまったく見えていない人がいます。 彼らは、別に現実から目を背けているわけでは 時々、「この人、感情があるの?」と思うような人がいますが、 このような人たちは、実は、感情がないわけ 2013-12-20
「ホントの自分」はこの6つでできている 1.気持ちを切り替える力…回復力 2.前向きな自分を保つ力 これは、「感情スタイル」といわれるもので、 人は、みんな異なる「感情スタイル」を持っていて、その組み 2013-11-26



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』