width=10
ことば探し
★私は、年を重ねることを恐れず、前向きに生きています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年11月2日
タイトル はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
著者 伊藤 守
出版社 講談社 (2004/11)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

日本の国際コーチ連盟マスター認定コーチでもあり、コミュニケー
ションに関するセミナー、講演会などで活躍している著者が、コミ
ュニケーションのとり方や、肩の力を抜いて楽に人付き合いする
考え方、会話方法などを教えてくれる本。

著者は会話について、こう言っています。
「人が会話を求めるのは、もっと自分について何かを見つけたい。
 もっと自分の持っているものを発揮させたい、という欲求がある
 からなのだろうと思います。そして、もう一つ僕たちが会話に
 求めているのは、行動を起こして行くための勇気。会話の中で、
 いまの自分を投影し、また、未来に向けて自分を統計しているの
 かもしれません。
 会話がないということは、リラックスも、行動の機会も、クリエ
 イティビティも失われることにつながります。会話、井戸端会議
 無駄話……、それは、水と空気、食べ物と同じだけ大事なもの
 だと思います」

ということで、とりとめもない、さりげない、楽しい会話が、生き
る力を与えてくれると言っています。

例えば、こんな事が書かれています。
 ○話す前にあれこれ考えすぎて、上手に話せなくなってしまう
 ○沈黙や無言がイヤで、くだらないことを口にして後悔する
 ○「つまらない話をするな」と言われるけど、どうしたらいい?
 ○わがままのような気がして、自分の希望や要求を口にできない
 ○消極的な相手を「やる気」にさせる方法を知りたい
 ○関係が崩れるのが怖い、でも煮詰まっている今の関係もつらい
 ○反対意見ばかり言ってくる部下に手を焼いている
 ○自分とは違う他人の考え方をうまく受け入れられない
 ○魅力的な人に出会えない、出会いたい
 ○いくら一生懸命アドバイスしても効果がでない


語り口調はやわらかですが、なかなか厳しいことが書かれている
本です。この本を読んで、しっかりと自分の頭で考えることが
できればかなりコミュニケーションのとり方が違ってくると思い
ます。

この本からのことば 感想 掲載日
「わたしはこう思っている。けれど、  相手はそんなふうに思っているんだ」 と知ることは、大切だと思い どうしても違いを認めたくない、 違いが我慢できない、ということもある。 相手がどうしてそんな考え方を 2008-08-04
雑誌「サイエンス」に、 「人間は、脳の15%を、相手が話していることばの裏で、  何を思っているのか さらに、この本ではこう言っている。 「心が病む原因のひとつは、脳の15%をつねに  フル稼働させる 2008-04-24
「周りからどう思われるかが気になって、  やりたいことができない」などと言う人がいます。 でもね、 相手も、自分のことでいっぱいで、 生き伸びていくのにいっぱいで、 こちらのことをあれこれと思う前に、 2008-01-20
僕の両親は山形に住んでいます。 もう30年以上も離れて暮らしています。 ときどき帰るのですが、二人とも なんとなく… 切なくなってしまったことばだった。 そうだ…若かりし日は戻ってはこない。 若い頃…そ 2008-01-13
バイオリアクションは、 自分がいま責められている、自分は窮地に追い込まれている、 こういった考えに陥 バイオリアクションとは、 生体反応で、刺激を受けると感情的に反応してしまい、 自分をちょっと否定され 2008-01-11



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』