width=10
ことば探し
★私の能力は、とても高く評価されています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年2日21日
自分のちからに気づくスピリチュアル・ブック
2018年2日19日
「1日30分」を続けなさい!
2018年2日16日
話し方! こう変えればうまくいく パワートーク36の技術
2018年2日15日
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
2018年2日14日
あなたが与えたものが、あなたが受けとるもの
2018年2日13日
自分の時価を高め、成功を呼ぶ50の方法
2018年2日9日
とことん悩む人が強い理由
2018年2日8日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2018年2日5日
女房に言っていい言葉いけない言葉
2018年2日2日
友だち100人できません
2018年2日1日
なぜ「いい人」は心を病むのか    
2018年1日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年1日30日
夢をかなえる勉強法
2018年1日26日
こころの健康学
2018年1日25日
潰れない生き方
2018年1日24日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年1日23日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
 
1 2 3 4 
 
2017年6月16日
タイトル 自分らしくライフバランスを手に入れる
著者 小倉 美紀
出版社 ファーストプレス (2006/11/17)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

女性の元気とハッピーを応援するコーチであり、執筆家の著者が
幸せなライフバランス(キャリア・お金・健康・恋愛、結婚
友人、家族、人間関係・自己成長・趣味、遊び・環境)のとり方
を具体的に教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「少し前までは、女性は、キャリアか家庭(出産、育児)か、
 というような二者択一を迫られることが一般的でした。
 でも今は、物質的に豊かになり、精神的な考え方も進化して
 個人が優先される余裕も出てきました。
 現在の女性にとって二者択一は、「自分らしさ」を尊重する
 ことや「私流」を貫くことに比べると、味気ないものです。
 両方、そしてもっとほかのものを手に入れたいと思っていいし
 実際にそれができる世の中であってもいいはずです。
 あなたが本当に願うことはかなうのです。
 まずは、むずかしく考えず、手に入れたいと思う気持ちと、
 それを手に入れる方法に対して意識を向けることからはじめ
 ましょう」


ちなみに、ライフバランスを手に入れるための10のルールは
以下の通りだそうです。
 1.過去にこだわらない
 2.自分にとって大切なものをクリアにする
 3.自分の直感を信じる
 4.周りに振り回されない
 5.変えられないものは無理に変えない
 6.罪悪感は捨てる
 7.言うべきときにきちんと「NO」と言う
 8.助けを求めて、受け容れる
 9.「自分のための時間」を大切にする
 10. 人生は楽しむためにある!


上記のルールについて、わかりやすく説明してくれます。
また、実際に理想的なライフバランスをとっていくためには、
現状把握→目標設定→プラン&実行が大切だということで、
その方法もわかりやすく教えてくれます。
どちらかというと女性向けですが、ライフバランスをしっかり
とりたい方には、男女問わずおすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
何か行動を起こすと、 うまくいくことといかないことが出てきます。 人は、うまくいったことも、うまくい やってみないとわからないこと、 やってみて、はじめてわかることは、本当に多い。 頭でわかっていると思 2010-10-14
よく「ものは考えよう」といいますが、 起きたことをマイナスに受け取ったり、悲観的に考えたり するので 悲観的に「ああ、やっぱりダメだった」 「悪いことばっかり、私はいつもツイてない」 と思って、あるいは 2010-10-13



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』