width=10
ことば探し
★お金がどんどん入ってきて、嬉しい限りです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03611736

■2019年02月13日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

感情に訴える主張ほど、
冷静にその内容を考えてみた方がよいのです。

少年サンデーの初代編集長など小学館で40年間、
編集の仕事をした豊田きいちさんは、
「昔から、新聞、テレビ、雑誌などのメディアには
 『売るための3つの定義』がある」と指摘されています。

その3つとは、「生命の危機」
「経済(金銭)の危機」「貞操の危機(男女ともに)」
なのだそうです。(『編集』豊田きいち著)


いっとき新型インフルエンザのパンデミックなどが
報道されたことがありました。
イギリスのEU離脱のニュースなど、
経済危機を強調する大きな報道がありました。

こうした瞬間、わたしたちは今日まであった世界とは違う
恐怖の世界が始まるのではないかと、急に不安になり、
テレビのニュースなどに釘づけになりがちですよね。

しかし報道をしている側には、こうした
ノウハウがあることも頭に入れておくことが必要です。


出典元 熟考する力~流されない自分をつくる本物の思考術
おすすめ度 ★★★☆☆ ※おすすめ度について
著者名 木山 泰嗣

まゆの感想
「生命の危機」
「経済(金銭)の危機」
「貞操の危機(男女ともに)」
を、煽った記事や報道をすれば「売れる」というノウハウがある、
ということでしょうね。
そうですよね、どうしても気になりますから、
ついつい見てしまいますよね。

専門家が出てきて、専門分野について話すことがありますが、
このとき、よい予測より、悪い予測をする方が、例えば、
「今は、順調だけれども、これから先はわからない」などと、
いう方がもっともらしく、人々の興味を引くそうです。

木山さんは、
「人々の不安を煽るような主張は、通りやすくなる傾向があり、
 不安は恐怖を呼び起こし、相手を思考停止にできる。
 そうした危険性がある主張である可能性も理解しておきたい」
と、言っています。

う〜ん、どうしてもそうなりがちだな〜
これから上記の3つの情報を見たら、メディア業界の売るための戦略で、
もしかしたら、盛られている、あるいは、煽っているのかもしれない、
と、できるだけ冷静に見ようと思ったしだいです。
(そう、できればいいのですが…(汗))

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから