width=10
ことば探し
★私は、ユーモアがあり、機知にとんだ会話が得意です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03321604

■2018年09月13日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ロースクールに入った学生がよく失敗するのは、
「考えること」と「探し出すこと」を
勘違いしてしまうことである。
ロースクールの授業で、学生は課題を出される。
そのために予習してくるわけだが、多くの学生は図書館に行って
一生懸命、文献や判例を探したり、学者の論文を読んだりする。
そしてその課題に対する答えを探しまくる。

1日がかりで探しまくって、ようやくその答えが見つかると、
「ああ、よかった」と胸をなでおろして翌日の授業に出席する。
先生に当てられると、嬉々としてその答えを発表し、
「正解だ、よく勉強しているね」とほめられる。
そんな勉強を2年、3年続ける人が多い。

これは何の訓練をしているかというと
「リサーチ」の訓練だ。
法律家になる訓練ではない。
文献などいろいろな情報を集めてきて、
答えらしきものを探し出すリサーチは、パラリーガル、
つまり法律家の秘書の仕事である。

法律家は、集められた情報の中にはない答えを
導き出すのが仕事である。
だから、3年間必死になってロースクールで
リサーチャになる訓練をしてきた人間が現場に出て
法律家になると、
「ちょっと使えない」という評価になってしまう。
与えられた課題に対して、同じように答えを
探しまくってしまうからだ。



出典元 考える訓練
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 伊藤 真

まゆの感想
弁護士の伊藤さんは、さらに、こう言います。

「他人が考えた答えを探すのは「考える」ではない。
 それはたんなる調査、リサーチである。
 その証拠に、リサーチしているときは、
 答えを見つける作業に没頭していて「考えて」はいない。
 自分では考えているつもりでも、じつは単なる「作業」を
 しているだけで何も考えていないのだ。

 もしリサーチをしながら「考える」とすると、
 自分なりの新しい答えをつくり出すために、目的意識をもって
 探すのではなければならない。
 まだない答えをつくり出すために、文献を調べるのと、
 すでにある答えを見つけるために文献を探すのとでは、
 外から見た行為はまったく同じでも、
 中身はまるで違うのである」

そして、なぜ「考えること」が必要なのかというと、
「人生は未知の問題」であふれているので、それに対応し、
人に振り回されずに生きていくため、つまり、
自分が生き延びるために必要だからと言っています。

自分の頭で「考えること」
これは大事だなぁと思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから