width=10
ことば探し
★○○の結果は、とてもよく、評価も高く、私は満足してます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03222057

■2018年08月01日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人間は一人ひとり花です。
小さい花もあれば大きい花もあり、
早咲き、遅咲き、色とりどり店頭に飾られ、
買われてゆく花のもあれば、ひっそりと路傍で
「花の一生」を終える花も多いでしょう。

花の使命は咲くことにあります。
他の花と比べて優劣を競うことでもなければ、
どこに置かれるかでもなく、
自分しか咲かせられない花を
一番美しく咲せることにあります。

それは決して
「迷い」のないことを言っているのではありません。
もっと日当たりの良いところだったら、
もっと風当たりの少ないところだったら、
もっと広々としたところだったらと、
嘆くことがあってもよい。

そんな思いを抱いてもいいのだけれども、
それにのみ心を奪われて、
みじめな思いで一生を過ごすのではなく、
置かれたところで精いっぱい「咲く」こと、
それがいつしか花を美しくするのです。



出典元 どんな時でも人は笑顔になれる
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 渡辺 和子

まゆの感想
渡辺さんは、華やかに咲く人生を夢見てきたそうですが、
いつしか「一輪の花」として咲く生き方に変わったそうです。
大輪でなくても、人目を引く花でなくていい、
その花なりに、咲いた花が美しいと。
そして「咲く」とは、

「神が置いてくださったところで咲きなさい。
 仕方がないとあきらめてではなく、「咲く」のです。
 「咲く」ということは、
 自分が笑顔で幸せに生き
 周囲の人々も幸せにするということです」
(渡辺さんが影響を受けた詩の一部より)
ということではないかと言っています。

私は、この詩のようにも、渡辺さんの「一輪の花」のようにも
美しくは咲けませんが、自分なりの花を咲かせたいなあ、と思います。
地味でもいいし、目立たなくてもいいけれど、
ときどき、誰かを和ませられる花だったら、いいななんて。
また「自分なりの花って、どんな花かな」とか、
「咲くにはもう遅いか」などとも思ったり。
でもま、むずかしく考えず、自分なりに咲いていけばいいか、
と勝手に咲くことにしています(笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから