width=10
ことば探し
★私は、誰かを傷つけたりするような勝手な人間ではありません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02614952

■2017年03月31日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

時間の使い方にも、80対20の法則が通用する。

●価値のある仕事の大半は、使う時間のごく一部で達成される。
 成し遂げられたものと、そのために費やした時間との間には、
 大きな不均衡がある。

●同様に、幸福の大半は、きわめて限られた時間の中から生まれる。
 幸福というものが正確に測定できるなら、一日でみても、
 一ヶ月でみても、一年でみても、全生涯でみても、
 幸福のほとんどがごく短い時間に集中していることが
 わかるだろう。

これを、数量的に言い換えるとこうなる。

●価値ある仕事の80%は、使う時間の20%で達成される。
●幸福の80%は、人生の20%で経験する。



出典元 人生を変える80対20の法則
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 リチャード・コッチ

まゆの感想
これは、有名なイタリアの経済学者ヴィルフレード・パレードが
発見した「80対20の法則」を人生に当てはめたものです。

この法則を人生に生かす、生活に活かしていくと、
こんないいことがあるそうです。

●達成と幸福の80%は、時間の20%で起こる。
 そして、その絶頂をさらに高めることができる。
●重要なカギを握って原因はつねに、ごく限られており、
 それは目にはみえにくいことが多い。
 その原因がなんであるか分かったら、その力を
 今までの何倍も活かせる。
●誰でも、偉大なことを成し遂げられる。
 カギは、やるべきことをみつけられるかどうか、である。
●目的がなんなのか、よく分かっていない人が多い。
 そういう人は自分の戦力を多方面に分散する。
 すばらしいことを成し遂げるには、振り分ける能力がある人であり、
 一度決断したら迷わない人である。

●ほとんどの人は、自分にとっても他人にとっても
 価値が無いことにたくさんの時間を費やす。 
 80対20の考え方ができる人は、この罠にはまらず、
 大した努力もせずに、夢を実現させる。
●人生の重要な決定の一つに、盟友や味方の選択がある。
 自分一人でできることには限りがある。それなのに、
 盟友や味方をいい加減に選んでしまう人が多い。
 80対20の考え方ができる人は、数少ない盟友と味方を
 慎重に選び、特定の目的を達成するために、かたい同盟を結ぶ。

●自分の幸せを育てていくために、たっぷり時間をとって
 じっくりと考えようとする人は案外少ない。
 昇給だとか、昇進だとか、幸せには直接結びつかないものを
 追い求めさんざん苦労してそれを手に入れたとき、
 とんでもない回り道をしたことに気づく人が多い。

 幸せはお金では買えないし、お金とはまったく性質が違う。
 お金は、使わない分は貯金したり投資したりすれば、
 複利の魔術によって増えていく。
 しかし幸せの場合、今日は使わない幸せが、
 明日の幸せになるとは限らない。
 幸せは筋肉と頭と同じように、使わなければ衰えていく。
 80対20の考え方ができる人は、何が幸せを生み出すかを
 知っている。
 つねに意識して、楽しく幸せを追い求め、
 今日の幸せを使って明日の幸せを築き、明日の幸せを
 大きくしていく。

もちろん仮説ですが、たくさんの研究などから割り出した法則で、
当てはまることが多いそうです。

私たちが費やしている時間の80%は、もしかしたら、
あまり意味がなく(もしかしたら違う意味はあるかもしれませんが)
意味をつくりだす時間には、それほど時間を費やしていないのかも
しれませんね〜

振り返ってみると、ゲームをしてあっという間に過ぎ去る時間を、
傍らにいる人のために使う方がいいし、自分の目的のために
使った方がいいのでしょうね。
わかっていてもなかなかできないこところが、むずかしい…
それが法則、というものなのかもしれませんね〜(苦笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから