width=10
ことば探し
★私は、夢を自分でつかみます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02782600

■2017年03月27日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

心臓移植を受けた男性が、何をしたいかと記者に聞かれて、
「ビールを飲んで、ナイターを観たい」と答えています。
多くの人の善意で渡米し、移植手術を成功した人が、
仕事もせずギャンブルに明け暮れ、周囲を落胆させました。
「寄付金を出したのはバカみたい!」
支援者が憤慨したのもわかります。

命が延びたことは良いことなのに、なぜか釈然としないのは、
延びた命の目的が、曖昧模糊になっているからではないでしょうか。
臓器提供者の意思の確認や、プライバシー保護、脳死の判定基準など
二次的問題ばかりが取り上げられて、それらの根底にある
「臓器移植はしてまでなぜ生きるのか」という確認が、
少しもなされてはいないようです。


つらい思いをして病魔と闘う目的は、
ただ生きることではなく、幸福になることでしょう。
「もしあの医療で命長らえることがなかったら、
 この幸せにはなれなかった」
と、生命の歓喜を得てこそ、
真に医学が生かされるのではないしょうか。


出典元 なぜ生きる
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 明橋 大二 (著), 伊藤 健太郎 (著), 高森 顕徹 (監修, 監修)

まゆの感想
今話題の「なぜ生きる」を読んでみて、
最初に印象に残った話でした。

この本の中に、
「生きる目的がハッキリすれば、勉強も仕事も健康管理もこのためだ、
 とすべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になるでしょう。
 病気がつらくても、人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、
 「大目的を果たすため、乗り越えなければ」
 と、「生きる力」がわいてくるのです」
ということも書かれています。

けれども、その目的を果たしたとき、あるいは、
その目的がなくなったとき、とたんに
「生きる力」を失うもの人間だとも書かれています。
その観点からいえば、心臓移植した男性は、
当初は「心臓移植すること」が目的で生き、移植が成功した後は、
その目的を失い、ギャンブルに向かった…のかもしれません。

どんなふうに生きればいいのか…
というより、私は、どんなふうに生きたいか、
それが大事なのではないか…そう思いました。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 1pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから