width=10
ことば探し
★○○という好ましくないクセを、私は、治すことができました★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02614953

■2017年03月21日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

お金もうけに夢中になったり、
ギャンブルに走る人に対して、
「煩悩(ぼんのう)のかたまり」という言い方をします。
「煩悩」は、わたしたちの心身を悩ませ、
悟りの妨げとなる心のはたらきを言います。

1.「貪(とん)」=欲深い心
2.「瞋(じん)」=うらやみねたむ心
3.「痴(ち)」 =おろかでわからずやの心
この3つの煩悩を、特に
「三毒(さんどく)」と呼んでいます。


人間は煩悩でできている、と
言っても過言ではありません。
雪だるまがとけると何も残らないように、
人間もまた煩悩を取り除くと、
人間ではなくなってしまいます。

食べたい、眠りたい、良く思われたい、
腹が立つ、うらやましい、など、人の心には、
次から次へと煩悩がわいてきます。
これをコントロールできるかどうかが、
この世で課せられた修行なのです。


出典元 はじめてのお釈迦(しゃか)さまのお話 (1話5分で読み聞かせ)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 ひろさちや

まゆの感想
この煩悩を抱えたわたしたちのことを、
<凡夫(ぽんぶ)>と言い、
凡夫が住んでいるこちら側の世界、
「此岸(しがん)」では、人々が争ったり、
いがみ合ったりして暮らしています。

一方、
ご先祖さまたちが住むあちら側の世界を、
「彼岸(ひがん)」と言い、
わたしたちのご先祖さまは、
彼岸で修行をしておられると考えられていて、
その世界は、ゆったりとした時間が流れ、
穏やかに仲良く暮らしている、とか。

そこで長い間に、お彼岸期間には、
「彼岸」に行けるように、悟りを少しでもひらけるように、
「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を学び行い
普段仏道修行をしていない人たちも、自分の煩悩を払い、
西にあるといわれる浄土に向かって太陽に祈りを捧げる、
そんなことをするようになったそうです。

ちなみに「六波羅蜜」とは、
1)布施=他人への施しをすること
2)自戒=戒を守り、反省すること
3)忍耐=不平不満を言わず耐え忍ぶこと
4)精進=精進努力すること
5)禅定=心を安定させること
6)智慧=真実を見る智慧を働かせること
だそうです。

お彼岸の世界から、此岸の世界をみてみると、
此岸の世界はどう見えるのでしょうね…
少しでも「六波羅蜜」を実践せねば、
せめてお彼岸期間だけでも、なんて思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから