width=10
ことば探し
★お金をたくさん手に入れてます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03806190

■2013年12月04日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
《心に届く「承認」と届かない「承認」がある》

私たち人間は、賢くなりすぎたのかもしれない。
一生懸命な子どもを見て、「うれしい!」と心が言っているのに、
「うれしい!」とは口にしないのだ。
「それでいいよ」「頑張っているね」「えらいね」などと言う。

「好きだ!」と心が言っているのに、口では、
「いい人だね」「やさしいね」程度に留める。
すべて頭の働きである。
賢い頭が感情表現を抑え、「評価」の言葉を作りだしてしまう。

出典元 子どもの心に届く言葉、届かない言葉
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 小山 英樹 (著), 佐々木 喜一 (監修)

まゆの感想
感動したら、素直に思ったことを口に出せればいいのに、
なんて言おうか考えて、まわりくどい言い方になったり、
抑えた言い方をすることはよくあります。
相手になんて思われるか、迷惑でないかを考えたり、
そこまで言う必要はないか、いい気になられても困る、
なんて思ったりして、ことばにしないのですね。
或いは、もうできなくなってしまっているのかもしれません。

この本では、心が感じたままの思いや感動を伝えると、
相手の心にも届くし、響くし、心に火をつけると言っています。
特に、子どもには、そうだそうです。
心に届くのは、頭が考える「評価承認」ではなく、
「心がしゃべる承認」だそうです。例えば、

「うれしい!」「いやあ、びっくりした」
「先生までなんだか元気になってきたよ」
「もっと君としゃべりたいな」
「君に出会えてよかった」
「君の笑顔が大好きだ」
「今、幸せだわ」
「胸がどきどきしてる」
「信じているよ」
「ありがとう!」

よいこと、感動したこと、うれしいことなどは、
頭であれこれ考えず、素直に自分の心の思いや感動のままに伝え、
逆に悪いこと、不愉快に思ったこと、怒りがわいてきたときは、
賢い頭を使って、表現を考えた方がいいなと思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから