width=10
ことば探し
★私は、積極的に発言します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03881001

■2013年11月08日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
多くの人は難しいできごとを前にすると、
できない理由をつくってしまう。
これは、ある種、人間の特技でもある。
「俺は将来、総理大臣になる」という若者がいたとしよう。

凡人は、
「ムリムリやめておけ、だってお前は…」
みたいな話しをし始める。
チャンスをつかむ人間は、
「なれるね。ただ200年くらいかかるかもしれない。
 よし、その時間を縮める策を考えよう」
こういう発想をする。

何事もできることを前提に考える。
次に、障害になっていることをひとつずつ潰していく。
これが「何事もやってできないことはない」という
使い古された言葉の真髄である。
少ないチャンスをつかむ人間は、
このことを本能的に実行しているのだ。


出典元 凡人の逆襲
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 神田 昌典 平 秀信

まゆの感想
この本に、さらにこんな話しが書かれています。

「神田のところに、こんなことを言ってくる人がいた。
 「私はコンサルティングになりたいんだけど、
  この業界は学歴がものをいう世界。社会的に見ると、
  私は学歴がない。だからやっぱり私にはできないんです」
 
 普通に考えれば、その通りかもしれない。
 ならば、こう考えたらどうだろう。
 「学歴を見て人を判断するような人とはつきあわない。
  そんな人は商売の現場を知らない人だから、どんなノウハウを
  並べたって使いこなせない。それよりも、自分の実績を
  評価してくれる人だけにコンサルティングしたらどうか?
  その方が、満足度も高くなってクライアントの数も
  増えるのではないか?」
 すると一気に目の前が明るくなる。これが、考え方を
 前向きに変えてチャンスをつかむということなのだ」

聞いたことがあると思いますが、とある国で靴を売ろうとして、
「だめだ、あの国では、靴は誰も履いてないから、売れっこない」
と、あきらめたセールスマンと、
「あの国は、誰も靴を履いてない。これは売れるぞ」
と、そこにチャンスを見いだす人の話もあります。
物事の見方ひとつ、考え方ひとつで、
成功するチャンスもやる気も増えるってことですね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想1件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから