width=10
ことば探し
★私は、一人でいるときにも、大いなる神(天)の愛を感じています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03363858

■2010年06月23日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
「象と小枝」の小話をご存知だろうか。
インドでは子象が逃げ出さないよう服従を教えるために、
子どものうちに頑丈な木など動かせないものにつないで
おくそうだ。子象がもがいても頑丈な木はびくともしない。
そのうちに子象はいわゆる「学習性無力感」を学び、
何をしても逃げられない、いましめは解けないのだと
思い込むようになる。そうすると、
成長した象を、折れそうな小枝につないでおいても逃げなくなる。
それどころか、逃げようと試みることもしないそうだ。

 
同様のことが僕たちの人生にも起こる。
「人生はもともと単調なものだ、変えることなどできない」
と言われ続けたら、だんだんそんな気がしてきて、やがて、
その通りだと思い込むようになる。
象と同じで、それが信念になってしまうのだ。結果として、
思考が狭くなり、のびのびと物事が考えられなくなる。(略)

人を縛るのはその人自身の考え方である。
つまりあなたを縛っているのは、あなた自身なのだ。
だが人を解放するのもまた、その人自身の考え方である。

出典元 小枝にしばられたゾウ
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 ジェフ トンプソン

まゆの感想
「学習性無力感」とは、恐ろしいことばだが、
知らずに、これに陥っていることはあり得ると思う。

この話でいう「小枝」は、いろいろな意味に
とらえることができると思うが、例えば、
長い間言われ続けてきて、それが事実ではないにも
かかわらず、いつの間にか、自分の中にしっかりと
根付いてしまった否定的な考えや思い込み、
回りにたくさんいる、夢を追うことをあきらめた人、
足をひっぱる人たちのことばを鵜呑みにして、
それを正しいと思って従ってしまっている、などなど、
「学習性無力感」の世界は、広がっているように思う。

しかし、この本にも書いてあるが、
自分でその「小枝」を折ることは可能で、その「小枝」から、
解放されると、いろいろな世界が広がっていて、
自分の可能性も試せるし、自分なりの夢に向って歩けるし、
今の自分をそのまま受け入れてくれる世界もあるのだ。

ただ…そうわかっていても、
この自分の「小枝」に、気づくことがなかなかむずかしい。
自分の「小枝」が、何であるかさえわらないのが現実だ。
だから、いつも同じような否定的な考えばかりが浮かぶなら、
これは「小枝」ではないか、と疑ってみることが必要だと思う。
そして、勇気を出して、いらない「小枝」は折って、
前に進んでいこう。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 9pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから