width=10
ことば探し
★私には、注意深さと大胆さと勇気があります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03886186

■2009年01月15日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
「快癒力」という本の著者、
篠原佳年さんに会ったとき、1つ興味深い話を伺った。
篠原さんは何かを習得しようとするとき
「人の10倍はやってみる」ことをモットーとしている、
というのである。

2倍、3倍の努力では結果は知れている。
だが、ケタの違う努力をすれば、才能のあるなしなんかに
関係なく、何かが確実に得られるというのだ。(略)

私たちは何かを始めようとしても、すぐに
「もう遅い」とか「才能がない」といった言い方をする。
実際、やってみてもなかなか進歩しない。
それであきらめてしまうことが多いわけだが、ここに1つ、
「ケタ違いの努力」という妙法があったのだ。


この方法のポイントは「何も考えない」ことにある。
「できるか?」といった疑問を一切さしはさまない。
ひたすら最低、人の10倍の努力をするのだ。
なまじ先の見通しを持つと、疑念や雑念、無力感、怠け心が、
生まれてきて、やる気がうせる。
この落とし穴に落ちていることが多いのではないか。(略)

何かでプロの域に達した人間は、
人の10倍くらいの努力は朝飯前にしているものなのだ。
あなたは「これだけは人の10倍は間違いなくやった」
といえるものがどれだけあるだろうか。
そういえるものは、きっと
「モノになっている」はずである。

出典元 人生、だから面白い
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 川北 義則

まゆの感想
この本によると、やり方は、
時間があるなら、時間で10倍やればいいし、
今時間がない人は、年月をかければいいし、
日常的に時間がとれないなら、祝日や休暇の時間を  
使って集中的にやってもいい、ということで、
どんな形でもいいから、ケタはずれの努力をすることが、
できるできないを考えるより、才能うんぬんというより、
大切だということだ。


「こんなことして何になる」「役に立つのか」
「無駄ではないか」「本当に上達しているのか」
などなど、先々のことを考えたり、疑問を持ったりすると、
打ち込むことや、こんなけた外れの努力など、
なかなかできない。

「人の2倍、3倍など、たかがしれている。
 何も考えず、ただひたすらに人の10倍してみる。
 まずは、それから」
と、気持ちを切り替えると、そんなもやもやを吹っ切れて、
「そうだ、まだまだだ」と、私などは力がわいてくる。

「人の10倍はやってみる」、
こんなことがあってもいいのではないか、
いや、あったほうが、人生楽しめると思うのだ。
どうだろうか?

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 19pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから