width=10
ことば探し
★仕事に対する情熱がいつもあり、毎日仕事に打ち込めます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03870034

■2005年02月24日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
心配は怖れから生まれ、怖れは攻撃の思いから生まれる。

心配はつねに「いやなことが起きるかもしれないよ」と
ささやきます。
だれかのことを心配するときは、
その人やそうした状況をまったく信頼していません。


そこでは心の力を否定的に使って、
その人に自信を失くさせ、
その状況に怖ろしい要素が入り込むことを
許してしまうのです。

(303日目のことばより)


出典元 傷つくならば、それは「愛」ではない
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 チャック・スペザーノ

まゆの感想
適度な心配なら、嬉しいが、
過度に心配されると、どうにも気になってしまう。
心配されるあまり、身動き取れなくなったりする。
自分でも心配のあまり、身動き取れなくなることもあるし。
過度の心配=その人や(自分のことも)信じてないこと、
だと思った方がいいのかもしれない。

自分がそう感じるので、
できるだけ過度な心配はしないようにしているが、
年老いた両親のことは過度に心配してしまう。

そして、転んだりすると危険だから、何かをする時は、
人の手を借りろ、無理するな…と言いたくなる。
いや、実際言っていた…。
余計な程の「気をつけろ」と、
いつも「心配している」を、押しつけていた。
そうして、親思いのふりをして、自分を安心させていた。

しかし、それが、こちらの身勝手な心配で
両親を決して幸せにしないことに、気がついた。
両親はしたいことする自由があるのだし、
自ら何かをすることが生きがいになっているのだ。
そういう自由を私は「心配」という名のもとに
奪っていたと気がついた。

私は、両親を信頼せねばならない。
きっと、大丈夫だと、信頼せねばならない。

もしも、何か不慮の事故が起こったら、
そのときに対処しようと決めて、
過度な心配はしないことにした。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから