width=10
ことば探し
★私は、上品で優雅です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02781881

■メールマガジン第14号『そうだったのか!
  この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』■


■毎月2回配信(315円/月)
■身近な日常のことを事例をあげてわかりやすく書いています。
■申し込みは、こちらから↓↓
 「http://www.mag2.com/m/0001538152.html」

申し込み月一ヶ月は無料で読むことができますし、
解除も簡単なので、ぜひ、気軽に申し込んでくださいね。
どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>



以下↓からが、

《第14号になります。》


一部ではありますが、読んでみてくださいね。
今回のテーマは、セックスについてのその3、
「ロマンスを長続きさせるには…」です。
今回は、セックスや性に関して、いろいろと違いはあるけれど、
その違いを受け入れて、どう豊かで愛ある関係をつくりあげていくかを
まとめてみました。
その豊かで愛ある関係を「ロマンス」という言葉にしてみました。
そのロマンスを長続きさせるポイントは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ 14号の内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1.ロマンスを長続きさせるには…

    ◆男性も人間的なつながりを求めている
    ◆セックスを楽しみたいと願うなら、男性は…
    ◆セックスを楽しみたいと願うなら、女性は…
    ◆セックス日、コースを決める
    ◆今日のキーワード

  2.今回の男女の違い…おすすめ本の紹介
  3.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■1.ロマンスを長続きさせるには…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今回のキーワードは、


 ◆【男性】リラックスするためにセックス
 ◆【女性】セックスの前にまずはリラックス


読んでいただき、少しでも実践していただけたら嬉しいです。
私もいくつか実践しています…と言いましても、
まだまだ実践が足りず、研究不足の私より、
専門家の話の方が説得力があると思いますし、
事例も豊富なので、今回は、代表的な本から、
具体的な方法をさぐっていきますね。

最初は、アメリカのグレイ博士の書いた本から、
次は、日本人の著者の本から。

今回も特定の方との関係を前提に書いていますので、
ご了承くださいませ。


◆男性も人間的なつながりを求めている
………………………………………………

まずは、こちらの本からの紹介です。

「ジョン・グレイ博士の愛が深まる本」
  副題: 「ほんとうの歓び」を知るために
  著者: ジョン グレイ
  ★「「ほんとうの歓び」を知るために」


なぜ、このグレイ博士の本を紹介するかというと、
セックスを研究し尽くされた方で、多くの本や研究にも、
大きな影響を与えているからです。
基本的な違いや、脳の研究でわかったことなども
加味して書かれていますし。

まずは、簡単にグレイ博士のことを説明すると、

ところが、
禁欲を守る修道士生活を9年間送った27歳のときに、
ある出来事があり、一般世界に戻ります。
その時、禁欲生活から解放され、断食に飢えた人間のように
明けても暮れてもセックスで頭がいっぱいだったそうです。

ここからが違います。
セックスに狂った自分を見て、セックスとは何かと考え、
セックスに関する書物を読みあさり、性について学び、
男女の違いを研究し、人間心理を勉強し、
ついに、心理学の分野で博士号を取ったのです。

そして、さらに研究し始めます。
ガールフレンドに、どこをどうすればいいのかを教えてもらい、
さまざまなセックス(体位)を試み、研究会を開き、男女にとって、
どんなセックスがいいかもを徹底的に研究したのです。
そして、今は結婚、男女の人間関係研究者として、
アメリカで大人気のカウンセラーとなっています。

そうそう、この本には、
セックス技術についても、さらりと、分かりやすく、
読みやすく書いてますので、興味のある方は、
参考になさってみてくださいね。
もちろん、日本とアメリカの違いはあると思いますが、
勉強になることは確かです。


さて、この本に、こんなことが書かれています。
女性が男性のセックスに疑問を持つときの事例です。


「ちょっとしたいさかいが元で、一日中口もきかず
 あなたを無視してきた彼が、急にセックスを求めてくると、
 あなたは戸惑ってしまう。
 こんなとき、あなたの目には、男は人間的なつながりなど
 まったく気にしていないように見えるだろう」と。


でも、「これは違う」と言うのです。
実は、このとき、


「男がセックスを渇望するとき、
 彼はあなたの愛に飢えているのだ。
 気持ちのつながりが女にはとても大切なように、
 男にはセックスがとても大切なのだ。

 そして、男性が心を開き、相手の愛を受け入れる前には、
 どうしても性的な興奮とが必要になる。
 精神的な充足感を、セックスの最中に手にする
 セックスで自分らしくなれる
 仕事ですり減った自分を取り戻す」


と、男性が人間的な気持ち(愛や自分の感情)を、
取り戻すのに、セックスが必要で、セックスすると、
精神的にリラックスできると。
男性が、それを意識してるかどうかは別にして。

男性も人間的なつながりや愛、やすらぎを求めていること、
そのために、まずは、セックスが先になりがちなことを、
「女性に知ってほしい、覚えておいてほしい」
と語っています。


女性にしたら、とても戸惑うことですし、
「なによ、この人、何を考えてるのっ。
 私の気持ちなんか、どうでもいいのね」
と、思ってしまいがちで、受け容れるのは、
なかなか難しいことですが、
誰かと話をすることによって、
自分の感情を取り戻せる女性と違い、男性は、
感情の取り戻し方の方法が違っているということです。

セックスを求められたら、
これは、もしかしたら、
「自分の感情を取り戻したいと願っている、
 男性の人間的な思いかもしれない」
ということも、心にとめて置いてくださいね。


さて、では、どうしたら、お互いに
セックスを楽しんだり、負担なくできるようになるのか、
具体的な話にはいります。
引き続き、グレイ博士の本からの内容紹介になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この先は、ぜひ登録して読んでみてくださいね。
申し込みは、こちらから↓になります。
「http://www.mag2.com/m/0001538152.html」
よろしくお願いいたします。
……………………………………………………………………………………………

  ★参考にした、書籍はこちらです↓ 

  ◆「ジョン・グレイ博士の愛が深まる本」
   ・http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2219

  ◆「なぜか夫婦がうまくいく3つの習慣」
   ・http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1782

  ◆「夫を「理想のパートナー」に変える7つの講座」
   ・http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1268

  ◆「頭のいい夫婦 気くばりのすすめ」
   ・http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1674

  ◆セックスについて
   ・http://www.kotobasagashi.net/book/list.php?key=%A5%BB%A5%C3%A5%AF%A5%B9

  ◆ジョン・グレイ博士の本
   ・http://www.kotobasagashi.net/book/list.php?key=%A5%B8%A5%E7%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%A4

また、こちらの↓本も、いい本ですのでぜひ、読んでみてくださいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ 2.今回の男女の違い…おすすめ本の紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   「こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語」

    ★http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1665
    ★副題:自分を信じること、自分を愛すること。
       人を信じること、人を愛すること。
    ★おすすめ度: 5(1〜5点評価)
    ★著者: ジャック キャンフィールド (著)
        マーク・ビクター ハンセン

  あたたかな話、心に残る話、元気づけてくれる話などで
  いっぱいの本です。男女の違いとは違いますが、
  この本を読むと、人は愛によって奇跡を起こすことが
  できる、大切な人を、今、大切にしようと思えてきます。

  心に響くお話がいっぱいの本で、とてもおすすめです。
  心に風が吹いているとき、何をしていいかわからないとき、
  迷っているとき、誰かを憎んでいるとき…
  そして、自分の人生って何だろう…
  なんて思ってしまうときには、手にとって読んでいただき   たい本です。
  きっと、自分の心に奇跡が起きると思います。


◆その他のおすすめ本
……………………………

    ★「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちらから↓
    http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

  ★男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」
    http://www.kotobasagashi.net/danjyo/books.php 

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<

どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>