width=10
ことば探し
★私は、誰からも愛されています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02617938

■本の検索■


出典名: 愛妻学・愛夫学
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 愛・夫婦・結婚
副題: 変わらない夫と変わりたい妻たちへ 
著者: 近藤 裕  
訳者:  
出版社: PHP研究所 
 
本の内容: ■なぜ夫は変わらないのか…そんなことをいつも、
 考えている方に、まさにおすすめの本です■

本当にとてもいい本で、おすすめです。
副題に「変わらない夫と変わりたい妻たちへ」とありますが、
まさに、このことで悩んでいるご夫婦には、ぴったりの本です。
また、「なんにために結婚しているのか」「結婚とは何か?」と
疑問を持っている方は、ぜひ、読んでみてください。

妻たちは、
「日々の結婚生活の営みや夫婦関係のあり方に不満を感じながら、
 何をどうしたらよいのかもわからず、また、その不満を
 夫にぶつけても、どうにもならない状況に、ただいらだち、
 焦燥感に悩む」


夫たちは、
「妻たちに不満を訴えられても、どうすることもできないで
 悩んでいる。
 「今は、どうにもならない」「何をどう変えたらいいのか
  わからない」「自分の立場もわかってくれ」」などと。


そして、このことについて著者(マリッジカウンセラー)は、
これらの表面に出てくる不満は、
(例えば、会話が少ない、家事、育児を手伝わない)などで
あったとしても、それらの
不満の根底には、夫婦としてのあり方、さらに、人間としての
関わり方に何か不満をあるのではないか、それが、
「私たちはなんのために結婚しているのか?」という問いに
なるのではないか
と言っています。

「なぜ、夫は変わらないのか」「夫は変わるか?」
「変わらない夫に悩む心理」等々、
本当に頷くことがいっぱいです。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』