width=10
ことば探し
★私は、いつも神、天使、妖精に愛をもらっています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02824225

■本の検索■


出典名: さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: その他
副題: 身近な疑問からはじめる会計学 
著者: 山田真哉 
訳者:  
出版社: 光文社親書 
 
本の内容: 身近な疑問から考えることで、会計の基本やカラクリを 
教えてくれる、読み物としても面白く楽しい本です。

あの「さおだけ屋」がどうして、潰れずに成り立っているか、
実は、これにはこんなカラクリがあったのです。
この本によると、2つの方法があるらしい。

1.単価をあげる つまり2本1000円と叫びながら、
           実は売るときには、コッチの方がいいと
           1本5000円の品をすすめる。
           また、付随して物干し台の土台工事等の
           仕事を受注する。
 (※あくどい商売をしてるところばかりではないらしいが)

2.近所の金物やの副業によるもの。
           つまり、さおだけはどうせ配達するから、
           出張販売をしようとか、他の商品を
           配達するついでに「さおだけ」も売る。

その他、郊外の住宅地のど真ん中にある、高級フランス
料理店。価格はかなり高め。いつもお客が入っている
ように見えないが、4、5年前から商売をしていて、
いっこうに、潰れるようにはみえない…なぜ?


など、身近な楽しい疑問に「なるほどねぇ」と答えを
教えてくれて、数字にも強くなる一石二鳥の本です。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
    いま、○○をお買いあげいただくと、  なんと、50人にひとりの割合で、購入額の全額が  キャ 今日も歯医者であったので、気を紛らわすために、 読んで、はまる本を持っていくことにした。 それがこの 2005-04-21

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』