width=10
ことば探し
★私は、不安や心配に振り回されたりしません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02781483

■本の検索■


出典名: 話を聞かない男、地図が読めない女
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 男女・恋愛
副題: 男脳・女脳が「謎」を解く 
著者: アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ 
訳者: 藤井 留美 
出版社: 主婦の友社 
 
本の内容: この本は日本でもベストセラーになったので、ご存じの方も
多いと思います。
男女の脳の違いから違いを解いてる本。


結論が「セックスがすばらしければ、2人の関係は驚くほどうまくいく」
ってところが、何だかなぁ…と思えてしまったけど。
この本で、
「セックスについての男女の違い」
についてこう書いています。
「男は生まれながらの狩猟者であり、目の前の問題を解決し、
 今日の食事を確保して、外敵と戦うような脳の配線になっている。
 だから仕事を終えたあとは、たき火の炎をぼんやり眺めていたい。
 せいぜい、子孫繁栄のためにちょっと腰を振るぐらいだ。
ところが女が性欲を感じるには、愛され、あがめられていると
 いう実感、自分が大切な存在だという確信が不可欠だ。
 ここに悲しいすれちがいがある。」


また、
「男はセックスしてからでないと、自分の感情に波長を合わせて、
気持をはっきり表すことができないのに、
女は、まず男に気持ちを整理してもらってからでないと、
セックスする気になれないのだ。
 男だって愛は欲しい。
 でも、男の場合、セックスを通じてでしか愛を感じられないのだ」

とも。

なるほどそうなのか…と、思うこともいっぱいあります。
でも、どちからというと、先に「嘘つき男と泣き虫女」
読むことをおすすめかな。
また、この本のエッセンスだけを読めればいいと思う方は、
「言葉でわかる『話を聞かない男、地図が読めない女』のすれ違い」をどうぞ。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』