width=10
ことば探し
★私は、部下やスタッフと協力しあい、最大のいい結果をだします★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02824224

■本の検索■


出典名: 少しのイーストでゆっくり発酵パンこんな方法があったんだ。
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: その他
副題: おいしさ再発見!  
著者: 高橋 雅子  
訳者:  
出版社: PARCO出版 (2007/01) 
 
本の内容: 著者は、22歳からパン作りを始め、ル・コルドン・ブルーで
技術を磨き、現在は、大人気のパン教室を開いている方です。

本の案内には、こう書いてあります。
「少しのイーストでも、ゆっくり長時間発酵することで、
 生地が熟成されて、しっとりした風味のよいパンに
 仕上がります。
 発酵時間を長くとっていることで日持ちがよく、
 香りもよく、なにしろおいしい! 
 まるでパン屋さんで買ったかのような一段上の仕上がりに
 なるのです。

 またこの方法なら、発酵後の生地がほどよく冷えて
 締まっているので、成形しやすいという利点もあります。
 夜寝る前に生地をこねておき、朝起きてから成形して焼くと
 いうスケジュールも可能。
 忙しい人でも時間を有効に使えます。
 家庭用のオーブンで、ハード系のパンをおいしく焼くための
 コツを多数紹介」


ということで、こんなパンの作り方が書かれています。
 ○リュスティック(基本から応用まで)
 ○パン・ド・カンパーニュ( 〃 )
 ○バゲット( 〃 )
 ○ベーグル( 〃 )
 ○食パン( 〃 )


手間と時間はかかりますが、少ないイーストで、美味しいパンが
出来上がります。もっとも、何度か挑戦してみないとコツは
なかなかつかめませんが、楽しみながらパン作りをしてみたい方に
おすすめです。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』