ことば探し
★私は、他者のことばにキチンと耳を傾けられる人間です★

■今日の「おすすめ本」■

2024年4月30日

 
タイトル
ほどよく距離を置きなさい
著者
湯川久子
出版社
サンマーク出版 (2017/11/17)
おすすめ度
★★★★★ ※おすすめ度について
≪本からの紹介文≫

人間関係の中で生まれる小さなトゲや心のからまり。
やさしい自分でいたいのに、本当はもっとやさしい
自分のはずなのに、怒りや嫉妬がそれを邪魔することって、
ありませんか?

長く連れ添った夫や妻、子ども、嫁や婿。
そして、気心知れた友人、ご近所さん。
自分の周囲の誰かと、思っているよりもう半歩だけ、
ちょっと距離を置いてみると、やさしさを取り戻し、
本来の自分らしく、心地よく生きられる。

そう説くのが、本書の著者、90歳の現役弁護士、
湯川久子氏です。
九州第1号の女性弁護士として福岡市に開業してから、
おもに離婚や相続といった人間関係の交通整理を
専門に人間関係のもつれをほどいてきた湯川氏。

1万件を超える相談案件を通して、
「どんな人でも、外からはうかがい知ることのできない、
 悩みや迷いを抱えている」こと。
そして、「ほどよく距離を置くことこそ、人が心地よく
生きていくために必要な心がけ」と実感するに至ったそうです。

人の心は法で裁くことはできず、法廷で裁かれる
「勝ち」あるいは「負け」が、人生の本当の幸せを
決めることはない。
60年以上にわたってそれを実感しながら、
法で裁くことのできない人間模様を目の当たりに
してきた著者が、
「それでは、本当の幸せとはなんだろうか」と
思いを馳せ続けた結論が、この本につづられています。
この本からのことば 感想 掲載日
手助けは、 親子であろうと他人であろうと、 自分が楽しめる範囲、つまり 余力の範疇で、行うことです。 経済的な援助も同じことが言えます。 子ど 「私(オレ)がなんとかしなくては…」 「私がなにがなんでも一人で、  なんとかしなくては…」 と、思い込んでいる方は、多いようです。 介護、子どもの生活 2021-04-26
夫婦間で、 「出て行け!おまえの顔など見たくもない」 「もう離婚だ!」 一方親子で、 「こんな子に育てた覚えはない」 「おまえなんて、生まなければ いつも心に留め置いている言葉のひとつに 韓国のことわざがあります。 「行く言葉が美しい時、返る言葉も美しい」 ということわざです。 今の韓国状況を鑑 2021-04-22
これまで多くの方と向き合ってきた 中で出た結論の一つは、どんな人も、 見た目の印象やその姿からは想像できない 悩みや苦しみを抱えているのだ、という 湯川さんは、90歳(2017年の書籍発行時) で、60年あまり現役の弁護士として 活躍をなさってきた方です。 湯川さんは、その長年の経験から、 「近 2021-04-20

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ