ことば探し
★私は、積極的に生きていきます★

■今日の「おすすめ本」■

2024年4月26日

 
タイトル
著者
石井 裕之
出版社
フォレスト出版 (2008/12/12)
おすすめ度
★★★★☆ ※おすすめ度について
セラピスト、催眠療法家で、人気のセミナー講師の著者が、壁の
越え方を教えてくれる本。仕事、恋愛、お金、勉強、目標、健康、
自信、人間関係など、どんな壁も越えることができるということ
です。

著者は「壁」についてこう言っています。
「「壁」にぶつかるということは、単なる偶然ではありません。
 そこには、ある積極的な意味があります。
 心の角度をすこし変えただけであっさり突破できてしまうような
 「壁」もあるでしょう。時間をかけて取り組んでいかなくては
 超えられない「壁」もあるでしょう。
 しかし、どんな壁であれ、ただ闇雲に突進するだけでは、道は
 拓けません。

 「壁」は、あなたに何を語りかけているのか?
 あなたがそれを理解するまでは、「壁」は、断固としてあなたの
 前に立ちはだかり続けるでしょう。
 なぜなら、「壁」には、意味があるからです。
 「壁」は限界ではありません。
 潜在意識からのメッセージです」


ですので、この「壁」を超えるためには、前向きの心の姿勢が
必要だということです。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎「壁」は、メッセージだ
  ・すべてはメッセージ
  ・「壁」は限界ではない
  ・いままでの自分を捨てろ、というメッセージ
 ◎壁を突破するための「自分の捨て方」
  ・心のリフォームでは間に合わない
  ・創造する心だけが、壁を越える
  ・初恋のように向き合う
  ・新しいあなたが載るための土台作り


「壁」にぶち当たっている方は、一度読まれてみるといいと思い
ます。薄い本で、分かりやすく書かれてあるので、本を読むのが
苦手な方でも読めると思います。
この本からのことば 感想 掲載日
「できない」ということはどうやって証明できるでしょう? やってみてできなくても、もう一回やればできるかもしれない。 それでできたらやっぱりできたということで なるほど、そうか… 今はできなくても、2年後、3年後にできても、 「できた」と言えるのだと思った。 しかし、人はだいたい、 今できないと「できない」と断 2009-06-24
「壁」にぶつかったとき、 「ああ、ダメだ」と考えるのではなくて、 「これは、私が自分のもてる力をフルに出し切った証だ。  私が全力を尽くしたという証拠なの 例えば、たいていの人は、壁にぶつかればぶつかるほど、 意地になって「これまでの方法を繰り返し」 悪循環に陥ってしまいがちだそうです。 しかし、壁にぶつ 2009-05-26
その問題と真っ向から対峙し、 その問題の中にあるポジティブな意味を 積極的に見いだすことによってしか、 問題は乗り越えられない、のです。 なぜなら、 この本の著者、石井さんは、 何か問題や都合の悪いことが起こったときに、 「こんなことにこだわっていてもしかたない」と 嘯き(うそぶき)、そこから目を逸らし 2009-05-25

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ