ことば探し
★私は、「生きている実感」を心から感じています★

■今日の「おすすめ本」■

2024年1月6日

 
タイトル
明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい
著者
樋野 興夫 (著)
出版社
幻冬舎 (2015/8/6)
おすすめ度
★★★★★ ※おすすめ度について
3000人以上のがん患者と家族に生きる希望を与えた
「がん哲学外来」創始者の著者が、自分人生の考え方、生き方を
教えてくれる本。

樋野さんは、こう言っています。
「「命よりも大切なものはない。命が一番大事」とは、考えない
 ほうがいい。命が尊いことは確かですが、
 「自分の命よりも大切なものがある」と思った方が、私たちは
 幸せな人生を送ることができるようです。

 「命が何よりも大切」と考えてしまうと、死はネガティブなもの
 「命の敵」になり、あるときを境に死におびえて生きることに
 なります。
 命より大切なものを見つけるために、自分以外のもの、内から
 外に関心を向けてください。
 あなたに与えられた人生の役割や使命が見えてくるでしょう。
 そうして見つけた役割や使命を人生最後の瞬間までまっとう
 する。つまり、
 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげるのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎「あれもこれも」より「これしかない」で生きる
 ◎「何をするか」よりも、「どうあるか」
 ◎命は自分の所有物ではなく、与えられたもの
 ◎本当にいいものは取るに足らないものの中にある
 ◎どんなにお金がなくても言葉は贈れる
 ◎死ぬのは確実、いつ死ぬかは確率
 ◎たいていのことはただ放っておけばいい
 ◎病気になっても病人ではない
 ◎愛をことさら起こすなかれ
 ◎「いい」と思うことは人に相談せずにやる


がん患者のさまざまな生き方から、樋野さんが学んだこと、
見えてきたこと、思ったこと、気づいたことが、具体的な
話で書かれています。
わかりやすく読みやすいので、本を読み慣れていない方
にもおすすめです。
この本からのことば 感想 掲載日
生きていれば、必ずつらいことがある。 それが人生。 苦痛の中にいるからこそ、品性はでてくる。 人生に夢や希望を持てないようなら、一度、 がん哲学 「生きていれば、必ずつらいことがある。  それが人生。  苦痛の中にいるからこそ、品性はでてくる」 心の中に強く入り込んできた言葉でした。 つらいこ 2016-07-26
私たちに必要なのは正論よりも配慮です。 正論はときに相手に心に冷たく響くことがあります。 必死にがんばっている人に 「もっとがんばらないとダメだぞ 時に私も「正論」を振りかざすときがあります… 「これをやったら、いけないのじゃないの」 逆に、「これをやるべきじゃないの、仕事だよ」 などなど、上から目線 2016-07-22

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ