width=10
ことば探し
★私は、理想に向かって、毎日前進しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年9日17日
ココロの筋トレ~ストレスをエネルギーに変えるトレーニング
2019年9日13日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2019年9日12日
「悩み上手」「悩み下手」
2019年9日11日
不思議なほどうまくいく人―アンデルセンが教えてくれる 「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること
2019年9日10日
平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本
2019年9日9日
なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか
2019年9日5日
成長するものだけが生き残る
2019年9日4日
1日1践!かんたん「自己暗示」で一生が変わる
2019年9日3日
素直な自分表現アサーティブ
2019年9日2日
人生がときめく片づけの魔法
2019年8日30日
本当は脳に悪い習慣、やっぱり脳にいい習慣
2019年8日29日
脳力開発マップのススメ
2019年8日28日
あなたの脳は一生あきらめない!
2019年8日27日
「感情シグナル」がわかる心理学
2019年8日23日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2019年8日22日
会話が弾むのは、どっち!?
2019年8日21日
怒りのセルフコントロール
2019年8日20日
「感情の整理」が上手い人の70の技術
2019年8日19日
男と女のすれ違いはなぜ起こる?
2019年8日9日
100万人が癒された愛と結婚のカタチ
2019年8日8日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2019年8日7日
なぜ「粗食」が体にいいのか
2019年8日6日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2019年8日5日
比較は不幸のはじまり
2019年8日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2019年8日1日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2019年7日31日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年7日30日
迷ったときこそ、続けなさい!
2019年7日29日
責めず、比べず、思い出さず
2019年7日24日
心が疲れたらお粥を食べなさい
 
1 2 3 4 
 
2019年3月29日
タイトル 「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
著者 田中ウルヴェ京
出版社 フォレスト出版 (2008/4/5)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

1988年ソウルオリンピックでシンクロ・デュエットで銅メダル
を獲得し、その後、プロスポーツ、ビジネスマンのメンタルトレー
ニングを指導している著者が、ストレスやプレッシャーに負けずに
自分の本当の力が発揮できる方法、考え方などを教えてくれる本。

著者は、
「ほとんどの人が「本当の実力」を発揮できていない」
と言っています。
「その原因は、「感情コントロールができていない」ということで
 どんなに実力があろうと、どんなに頭のいい人であろうと、感情
 をコントロール出来ない人が成功することはなかなか難しい。
 そこで「1日30秒トレーニング」をし、感情コントロールを
 していけるようになろう」

ということで、認知行動療法に基づいた心理手法でのトレーニング
を教えてくれます。

例えば、こんなトレーニングが紹介されています。
 ◎新しい自分を作るセルフトークスキル
  ・まだ始まってもいない未来に不安になる人のためのセルフ
   トーク
  ・他人にどう思われているか気になる人のための
   セルフトーク
 ◎心の調整テクニック
  ・クリップ法で自分のマイナス思考に気づく
  ・「自分はちっぽけだ」というイメージを持つ
 ◎身体から心を鍛えるコーピング
  ・呼吸でストレスを退治する
  ・中心軸直しトレーニング


セルフトークなど、「ちょっとした習慣づけで簡単にできることも
多いので、ストレスやプレッシャーに弱いと思う方にはおすすめの
本です。

この本からのことば 感想 掲載日
落ち込んでいる時は、谷底ですから暗いです。(略) そこに居続けることは苦痛です。 では、どうするか? ときに落ち込むことがあっても、ずっ〜と、 落ち込んでばかりはいられませんっ。 えいっと、ヨイショと、 2013-01-11
《クリップ法で、自分のマイナス思考に気づく》 まずクリップを100コ用意してください。 家を出て会 上の方法は、プロゴルファーの方などに使われる方法で、 以下のやり方は、ビジネス関連の方に人気があるや 2009-03-05
この方法は「究極のプラス思考」です。 「ものは考えよう」ということが原点にあります。 イヤなことがあ そうか…そういう考え方もあるんだ、なるほど… と大いに納得したプラス思考だった。 なにかイヤなこと 2009-03-04




『おすすめ本の紹介』