width=10
ことば探し
★家族や、パートナーと楽しい時間を過ごしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年2日22日
ゆっくり話すだけで、もっと伝わる! アナウンサーが教える7つの技
2019年2日21日
「頼めない」「断れない」人が必ずうまくいく話し方
2019年2日19日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2019年2日18日
伝え方が9割
2019年2日15日
自分に水をやる
2019年2日14日
考える訓練
2019年2日13日
「怖れの眼鏡」をはずせば、すべてうまくいく!
2019年2日12日
ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係
2019年2日8日
「幸せスイッチ」が入る! プラス1%の法則
2019年2日7日
新版 すべては「前向き質問」でうまくいく
2019年2日6日
自分から自由になれるゼロ思考
2019年2日5日
本音を隠すオトコたち 本音を知りたいオンナたち
2019年2日1日
「出るモノ」健康学
2019年1日31日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2019年1日30日
何を捨て何を残すかで人生は決まる
2019年1日29日
脳科学は人格を変えられるか?
2019年1日28日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2019年1日25日
今の自分が本当のあなたです
2019年1日24日
モノのために家賃を払うな!~
2019年1日23日
「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本
2019年1日22日
脳と気持ちの整理術
2019年1日21日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2019年1日18日
人間、とりあえず主義
2019年1日17日
ヒルティ 老いの幸福術
2019年1日16日
無理をしない、あたりまえの人生がいい
2019年1日15日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2019年1日11日
ああ正負の法則
2019年1日10日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2019年1日9日
大人の生き方 大人の死に方
2019年1日8日
がんばっていても不安なあなたへ
 
1 2 3 4 
 
2019年1月29日
タイトル 脳科学は人格を変えられるか?
著者 エレーヌ フォックス
出版社 文藝春秋 (2014/7/25)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

●NHK Eテレ『心と脳の白熱教室』に著者登場!
2015年7月24日(金)23時〜23時54分、毎週金曜日 全4回

チャーチルは「成功とは、失敗を重ねても熱意を失わない能力のことだ」と言って
どんな逆境もはねのけ、偉大な政治家としてその名を留めた。
エジソンは電球の試作の失敗が1万個に達したとき、「失敗したのではない。
うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と言って、ついにはフィラメントを発明する。

人生の成否を分けるのは、「前向きであることのできる」性格によるものなのか。
だとすると、それは脳のどんな働きによるものなのか。
欧州最大の脳科学の研究所を主宰し、その問いを解きあかそうとしている
エレーヌ・フォックス博士が、その答えに驚くべき実験と調査の数々から迫る、
とびきり面白いポピュラーサイエンス。

例えばこんな調査がある。
1930年代に修道院に入った全米各地の修道女180人が書いた自叙伝を検証し、
前向きな言葉と後ろ向きな言葉が出てくる頻度を点数化した。
約60年後に、修道女たちの寿命との相関関係をみる。すると結果は、
前向きな自叙伝を書いていた修道女が、そうでない修道女に比べて
10年以上長生きしていたのだ。

そして、フォックス博士自身の研究所は、前向きな感情を起こさせる物質、
セロトニンを脳内で生み出す特定の遺伝子を発見、
性格は遺伝子によって決まっているのかというところにまでメスをいれる。
ところが、研究を進めると、これらの遺伝子は環境によって
その働きが変わってくるという驚くべき結果がえられたのだ。
科学の推理を楽しみながら、子育てや自分の人生にまで思いをはせることもできる、
深い一冊です。




『おすすめ本の紹介』