width=10
ことば探し
★私は、自分の持っている力を、有意義なことに役立てます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年6日14日
話を聴く力が人生を変える
2019年6日13日
怒りのセルフコントロール
2019年6日12日
自分を生かす「魔法の杖」
2019年6日11日
長生きすりゃいいってもんじゃない
2019年6日10日
もっと気楽に生きるコツ
2019年6日7日
「頑張らない」から上手くいく
2019年6日6日
人間関係を育てるものの言い方
2019年6日5日
「いい質問」が人を動かす
2019年6日4日
こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問
2019年5日26日
とにかく、やってみよう!
2019年5日24日
比較は不幸のはじまり
2019年5日23日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2019年5日22日
人生が変わる感謝のメッセージ
2019年5日21日
過去にくよくよこだわるな
2019年5日20日
どうしてそんなにイライラするの?
2019年5日17日
自分の価値に気づくヒント
2019年5日16日
自分いじめはやめなさい
2019年5日15日
いつも「いいこと」が起きる人の習慣
2019年5日13日
ああ正負の法則
2019年5日10日
本気で言いたいことがある
2019年5日9日
「やさしい」って、どういうこと?
2019年5日8日
「傷つきたくない」気持ちの精神病理
2019年5日7日
他人に振り回されてへとへとになったとき読む本
2019年4日26日
たった今から、ハッピーになる!
2019年4日25日
気疲れしない生き方
2019年4日24日
いつやるか? 今でしょ!
2019年4日23日
片づけ下手な右脳人間のための整理本
2019年4日22日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年4日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年4日18日
NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる
 
1 2 3 4 
 
2019年1月7日
タイトル 肯定的人生観のすすめ
著者 斎藤 茂太
出版社 ベストセラーズ (1995/01)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

精神科医でもあり、エッセイストでもある著者が、今を「幸せ」に
生きるためのちょっとしたヒントや考え方、生きる姿勢などを教え
てくれます。

著者は、こんなことを言っています。
「私たちは今を生きているが、どうしても「また明日があるさ」
 「そのうちやろう」と先送りしてしまう傾向がある。その結果は
 常に今に満足ができないということになる。あれもできていない
 これもやらなければいけないと思って気持ちばかりが焦る。
 そうすると、現在に目をつぶって「そのうち」やろうということ
 になってしまう。
 これでは悪循環である。今を豊かにしていかなければ、いつまで
 も貧しい今を迎えなければならないし、そうすれば不満を感じて
 また現実から逃避しようとするだろう。(略)
 たとえ、貧しくとも現実の今ある自分をみつめ、できることを
 今ここからはじめていくことが、将来の豊かな生活を切り開く
 一歩となるのではないだろうか」


例えば、
 ○「本当の自分」探しは自分の気持ちをはっきりさせることから
 ○自分にこだわりすぎずに周囲に関心を広げよう
 ○後悔するよりもいま何ができるか考えよう
 ○相性の悪い相手とうまくつき合うにはコツがある
 ○自分が相手を愛することではじめて人から愛される
 ○つらい時をしのげば自分にとって大切な人生経験になる
 ○他人に対して寛大になれれば自分にも寛大になれる
 ○つまらないことは忘れて現実にまず一歩足を踏み出そう
 ○嫌なことはいつまで考えても仕方がない
 ○自分の人生に過大な期待をしない


とてもいい本だと思います。じっくりと読むことをお薦めしたい
本です。

この本からのことば 感想 掲載日
結婚しかり、就職しかり、子どもしかりで、 人は自分の人生がかかっているような重大なことに対しては、 人は、自分にも、他人にも、環境にも、ひそかに期待をする。 日々、大きな期待も、小さな期待もひそかにい 2007-08-19
いい過去を築いてきた人はやはりいい人生を歩む可能性が高い。 今ある自分というのは、 今まで生きてきた 「いい過去」とは、どんなものだろうか… 成功した過去もあれば、楽しかった過去もあり、 失敗の過去も 2007-08-15




『おすすめ本の紹介』