width=10
ことば探し
★いつもキラキラと輝いていて、その光りを多くの人に分け与えています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年7日16日
あきらめることあきらめてはいけないこと
2019年7日12日
相手の気持ちをちょっと読めば仕事は不思議とうまくいく
2019年7日11日
「場の空気」を読む技術
2019年7日10日
今の自分が本当のあなたです
2019年7日9日
話を聴く力が人生を変える
2019年7日8日
「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
2019年7日4日
ああ面白かったと言って死にたい
2019年7日3日
シスター鈴木秀子の今日幸せになる171の言葉
2019年7日2日
今日を始める160の名言
2019年6日30日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2019年6日28日
50代から、いい人生を生きる人
2019年6日27日
脳が教える! 1つの習慣
2019年6日26日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2019年6日25日
10分で十分筋トレ (生活実用シリーズ―NHK出版DVD+MOOK)
2019年6日24日
長生きすりゃいいってもんじゃない
2019年6日21日
やってみなさいダメモトで!
2019年6日20日
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
2019年6日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年6日17日
NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる
2019年6日14日
話を聴く力が人生を変える
2019年6日13日
怒りのセルフコントロール
2019年6日12日
自分を生かす「魔法の杖」
2019年6日11日
長生きすりゃいいってもんじゃない
2019年6日10日
もっと気楽に生きるコツ
2019年6日7日
「頑張らない」から上手くいく
2019年6日6日
人間関係を育てるものの言い方
2019年6日5日
「いい質問」が人を動かす
2019年6日4日
こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問
2019年5日26日
とにかく、やってみよう!
2019年5日24日
比較は不幸のはじまり
 
1 2 3 4 
 
2018年8月1日
タイトル 自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
著者 鈴木 秀子
出版社 三笠書房 (2001/12)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

聖心会シスターでもあり、国際文学療法学会会長でもある著者が
研究してきたアクティブ・リスニング、文学療法、コミュニオン、
コーチングなどから「いい人生をつくるための技術」を具体的に
教えてくれる本。

著者はこう言っています。
「人生では、誰もが壁にぶつかったり、進むべき道が見えなくなっ
 たりします。そんなときは、つい自分を過小評価し、自分の無力
 さをせめたくなります。
 でも、そうした試練は、新しい自分へと脱皮する「変化と向上の
 とき」がきたことを告げる前兆なのです。
 「自分はこうあるべき」の声にとらわれない人は、自分の魅力を
 存分に発揮し、運命から「いいこと」を引き出すことができます。
 自分を責めたい気分になったとき、自分を元気づけてあげたい
 とき、この本の「35ルール」を思い出してください。
 きっと、小さなことにとらわれていた自分に気づき、昨日の後悔
 や明日の不安と手を切るための「地図」となってあなたを導いて
 くれるはずです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○人の話を聞ける人は、“幸福の足音”にも敏感
 ○少し“勇気”を出せば、人生はもっとおもしろくなる
 ○“好かれる人”に共通する、こんな懐の深さ
 ○“人生の風通し”をよくするちょっとした工夫
 ○“人生の節目”でうまく脱皮する方法
 ○人生に“遠回り”は1つもない
 ○立ち直る“気力”はこんなところから生まれる
 ○“こだわり”を捨てると、生きるのが楽になる
 ○つまらない“意地”を捨てると人生が変わる
 ○“ひとりの時間”が人生に深みを与える


大きな字、わかりやすい文章なので、読みやすいと思います。
自己啓発本をこれから読んでみようと思う方におすすめです。
どちらかというと女性向け。

この本からのことば 感想 掲載日
自分の使命というものは、 自分ではなかなかわかりません。 だから日々迷うし、失敗をするのも当たり前で 使命などというと、重いもののように思えるが、 自分にも「一隅を照らせることがきっとある」 と思うと、 2008-08-16
「月は自分の光で輝いているのではない」 人間もまた、自分では意識しないところで、 いろいろな人間を お月さまだって、太陽の光が当たってこそ輝く。 もし太陽の光で照らしてもらわなかったら、 ただの暗い衛 2008-02-18
川端康成は「1人の幸福」という作品の中でも、 「一生の間に1人の人間でも  幸福にすることができれ お正月に、この本を読み直していて、 とても心に残ったことばだった。 「1人の人間を幸福にする」 ( 2008-01-08
自分はダメだといわないこと。 自分を責めはじめたり、 他人と比べて自分はダメだと思いはじめたら、 そ 「抵抗」なんてない方がいいと思うけれど、 人生は、「抵抗」だらけで、何かをすればするほど しようとす 2008-01-05




『おすすめ本の紹介』