width=10
ことば探し
★私は、秘密を守り、誠実な人間で、誰からも信用されています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年2日18日
伝え方が9割
2019年2日15日
自分に水をやる
2019年2日14日
考える訓練
2019年2日13日
「怖れの眼鏡」をはずせば、すべてうまくいく!
2019年2日12日
ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係
2019年2日8日
「幸せスイッチ」が入る! プラス1%の法則
2019年2日7日
新版 すべては「前向き質問」でうまくいく
2019年2日6日
自分から自由になれるゼロ思考
2019年2日5日
本音を隠すオトコたち 本音を知りたいオンナたち
2019年2日1日
「出るモノ」健康学
2019年1日31日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2019年1日30日
何を捨て何を残すかで人生は決まる
2019年1日29日
脳科学は人格を変えられるか?
2019年1日28日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2019年1日25日
今の自分が本当のあなたです
2019年1日24日
モノのために家賃を払うな!~
2019年1日23日
「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本
2019年1日22日
脳と気持ちの整理術
2019年1日21日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2019年1日18日
人間、とりあえず主義
2019年1日17日
ヒルティ 老いの幸福術
2019年1日16日
無理をしない、あたりまえの人生がいい
2019年1日15日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2019年1日11日
ああ正負の法則
2019年1日10日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2019年1日9日
大人の生き方 大人の死に方
2019年1日8日
がんばっていても不安なあなたへ
2019年1日7日
肯定的人生観のすすめ
2018年12日28日
いい言葉は、いい人生をつくる
2018年12日27日
人間関係と人生にキレない方法
 
1 2 3 4 
 
2018年6月15日
タイトル こころがホッとする考え方
著者 すがの たいぞう
出版社 すばる舎
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

臨床心理士の著者が、心理カウンセラーの仕事を通して、多くの
クライアント(患者)から学んだ、こころの持ちようや、生き方など、
「心の処方箋」をわかりやすく教えてくれる本です。

著者はこう言っています。
「ちょっとしたことで悩みやすいということは、逆に考えると、
 ちょっとしたことで元気になるということだ。
 そういうわけで、ものの見方や考え方がちょっと変わるだけで、
 心に元気が出てくるようなことがたくさんある。

 この本はそんな「ちょっとしたこと」をぎっしり詰めこんだ、
 私なりの「心の処方箋」の集大成である」


ということで、94の処方箋が書かれています。
例えば、
 ○友だちは少なくてもいい
 ○マイナス思考も悪くない
 ○対人理解はほどほどでいい
 ○平凡だっていいじゃないか
 ○趣味がなくてもかまわない
 ○評価は低いくらいがちょうどいい
 ○自己矛盾も人の本性
 ○「ありのまま」では生きられない
 ○努力のしかたも人それぞれ
 ○どっちつかずはストレスの素


わかりやすい例を取り上げながら、さまざまな見方、考え方を
教えてくれます。見方、視点を変えてみることの大切さが
この本を読むとよくわかると思います。

この本からのことば 感想 掲載日
大事なことは、相手がどのような気持ちで 「辞めたい」と言っているか、そこの見極めである。 自分がこう アドバイスを求められると、なんとなく嬉しくなって、 あるいは、適切に応えようとするあまり、 相手の思 2014-01-31
集団の中で、自分の役割をきちんと果たすことが大切だ。 誰とどううまくやるかばかりに関心がいってはいけ 誰かと仲良く、ただうまくやっていくことだけを 「人間関係がよい」ことだと思っている人は多い。 波風立 2008-02-02
人というのは、 「この人はこういう人なんだ」 「自分はこうなんだ」 と決めたがるものである。 人に 誰かの性格、自分の性格など、 決めつけた方が、何となく落ち着くので、 割りと安易に、決めつけたりして 2006-07-23
人間関係が「豊か」であるというのは、 量の問題ではない。 友だちがたくさんいるかどうかではなく、 「たとえ仲のいい友だちが千人いると豪語する人でも、  実際のところ、真に自分を理解してくれる人は、 2006-03-28
人は、誰もが自分なりに 気を遣っていると自負している。 だから自分が配慮していることにこだわり、 自分がやった気遣いは すばらしいことのように思う。 それをわかってくれないと、 なんて、鈍感なんだと 2006-03-25




『おすすめ本の紹介』