width=10
ことば探し
★私は、いつも愛に囲まれています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
 
1 2 3 4 
 
2018年5月10日
タイトル あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと
著者 原田真裕美
出版社 サンクチュアリ出版 (2008/12/26)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

ニューヨークで活躍するサイキック・カウンセラーの著者が、
余計なものに惑わされず、自分の決めた道をまっすぐに生きていく
ために大切なことを27教えてくれる本。

特に「本当に大切なことを、真剣に大切にする」ことが必要だ、
ということです。
美しい写真と心に響くショートメッセージを入れ、どの項目から
読んでもいいような構成になっています。


こんな27の項目が書かれています。
 1.魂
 2.夢
 3.愛
 4.感謝
 5.信念
 6.使命
 7.シンプル
 8.パートナー
 9.直感
 10. 希望
 11. 正直
 12. 命
 13. 成長
 14. ポジティブ
 15. 家族
 16. 自信
 17. 祈り
 18. 本物
 19. 努力
 20. 許し
 21. バランス
 22. あなた
 23. 選択
 24. 緑
 25. クリエィティブ
 26. 時間
 27. 宇宙


興味ある項目、今必要な項目から読めるようになっているので、
気持ちが入り込みやすく、気づきもえられやすいと思います。
素直な気持ちで、ゆったりと読むといいですよ。

この本からのことば 感想 掲載日
苦手な人との出会いを「意味があった」と解釈するか、 「意味がなかった」と解釈するかは自分の選択次第で その人の存在を認めていて一目置いているけれど、 「どこか苦手、どこか近寄りがたい…」 なんている方が 2014-06-06
命があるのが当たり前、助けてもらって当たり前、 自分の成功は自分だけの実力で手に入れたものだから、 原田さんは、 「感謝のエネルギーを循環させていこう、  どんなときでも感謝できる自分でいよう。  感 2014-06-05
自分にとって本当に有意義なものというのは、 ごく限られています。自分自身も、ある時間に、 ある一カ所 人は、自分で生き方を複雑にしているということには、 なかなか気付けないもので、複雑にしている人は、た 2011-07-08
自分で抱えきれない、許せない思いは 「天のゴミ箱」へ捨ててしまいましょう。 この天のゴミ箱は、いつも この本では、さらにこう言っています。 「許すなんてもってのほかで、怒りの気持ちばかりが  大きくな 2011-07-07




『おすすめ本の紹介』