width=10
ことば探し
★私は、自分が理想とする自分になることができます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
2018年10日25日
自分で奇跡を起こす方法
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
 
1 2 3 4 
 
2018年2月14日
タイトル あなたが与えたものが、あなたが受けとるもの
著者 ピーター・マクウィリアムズ , ジョン・ロジャー
出版社 ヴォイス
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

この本は 
「人生の多くの部分を、与えることや、奉仕や
 親切な行いにつぎ込んでよいのだ、と主張する」

ために書かれた本で、与えたい人のための本です。

そして、この本では、
「この本を読んでいるとちゅうで、だれかあなたからの
 電話を待っているひとのこと、あなたが来てくれるのを
 望んでいる場所のこと、あるいはそれをすれば
 他人や世間や、あるいは人類全体のためになるだろうと
 いうようなことを思いついたら、ただちにこの本をおいて、
 電話をするなり、出かけるなり、そのことをするなり、
 してください。
 
 チャンスがあればあるだけ、与えることを、まず
 優先的にやってみてください」


この本を読んで、与える行動をしようと思ったら、
とにかく行動しましょう…と言っているのです。

与えることの意味、考え方、上手な与え方など、
与えることについて、いろいろ書かれています。
私が好きなのは「光」与えるを与えることですね。
詳しくは、この本で。
字も大きく、とても読みやすい本です。

この本からのことば 感想 掲載日
まわりが暗くても 暗くなるな 今年は、こんなことばで締めくくりたいと思います。 私の来年の生きる姿勢としての目標のひとつでもありま 2009-12-30
相手がまったく興味も聞く耳もたたないのに、 くめども尽きせぬこちらの叡智あふれる忠告を、 是が非でも 相手に忠告したくなるときはある。 しかし…忠告って、 役に立つんだろうか… 少なくとも、忠告する 2005-05-25
こぶしを握りしめていたら、 ものは受けとれません。 こぶしを開いたとき、 手をさしだすことができま 人は、手を開いてこそ、 相手も受け入れられ、 与えてもらったものも受け取れ、 自分もリラックスできる 2005-05-09
「自分の世話をよくすれば、ひとのお世話もよくできる」 ひとの役に立ちたいのでしたら、 まずは自分自 ひとのために役立とうと思ったら、 自分のことはちゃんと自分でせねばならない。 確かに、自分のことが出 2005-01-03




『おすすめ本の紹介』