width=10
ことば探し
★私は、年に○回は旅行に必ず行きます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年12日19日
遊んでいても結果を出す人、真面目にやっても結果の出ない人
2018年12日18日
小商人(こあきんど)のすすめ
2018年12日17日
人生心得帖
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
2018年11日27日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2018年11日26日
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
 
1 2 3 4 
 
2017年12月22日
タイトル さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
著者 マドモアゼル愛 (著), 高田 せい子
出版社 大和出版 (1999/03)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

心の問題に取り組んでいる占星学者の著者が、気持ちをラクにし
楽しんで生きていく考え方などのヒントを教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「天は必ず成長した人間にほうびを用意しているのです。
 部分的な悩みや苦労に負けず、自分や生命の全体に対する
 信頼を通すことは、天を信頼することと同じなのです。
 ですから、誰にでも、悩みや苦労を乗り切った後には、
 天から必ずほうびが与えられるのです。
 私たちがもし愛に悩んだとき、愛によって愛を解決しようと
 してはならないのです。
 それができれば、もうとっくに、それをやっていたはずです。
 愛の悩みを解決したくて色々とやったけれどダメだったから、
 悩んでいるのではないでしょうか。
 解決法は他のところにあるのです。
 いくら、愛に悩んでいても、それとは別のところで自分を
 支えてくれているあやゆるものに、まず感謝することから
 はじめるのです。
 食事のありがたさ、歩けるありがたさ、友人がいることの
 ありがたさ、健康のありがたさ…まさに無数にある失って
 いない色々な機能や事柄や状況、すなわち全体性に対しての
 感謝を思い出すのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○悩みは必ず解決するよ
 ○自分を否定すると苦しいよ
 ○「愛されたい」から……
 ○自分を悲しむゲームは止めよう
 ○ウツ状態から抜け出すには…
 ○悲しいときは悲しいままに
 ○ふるえながらでいいから
 ○喜びを貯金しようよ
 ○こんな人には注意して!
 ○心に喜びが生まれる時間


心の問題や悩みについて、事例をあげてわかりやすくやさしく
書かれてあって、本を読むのが苦手という方にもおすすめの本
です。心が重いとき、愛されないことに悩んでいるときなど、
ぜひ、手にとって読んでみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
愛されなかったことなど大した問題ではありません。 人を愛せるのは精神が成熟している人なのです。 しか 私は、「愛される」ために、無理をすることはない、 と思っています。誤解を恐れずに言えば、 「人から愛 2010-12-15
私たちは、何かにこだわってしまうと、 つい本当の目的を見失ってしまいます。 本当はお客様に、お茶を差 この本では、こうも言っています。 「私は、むしろ、おいしいお茶が、充分な心づかいのもとに、  ふるえ 2010-12-06
「こういう毎日を送りたい」 その一日をあなたがつくることは、 とても簡単にできることなのです。 「あ 楽しくする工夫… こんな工夫ならすればいいのだけど… 実は、案外していないように思う。 つまらなくす 2010-12-03




『おすすめ本の紹介』