width=10
ことば探し
★私が学びたい○○の学校が見つかり、満足しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年11月13日
タイトル 人生の意味
著者 キャロル アドリエンヌ
出版社 主婦の友社 (2005/09)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

現在、人々の精神性を高め、人生の目的を見つけ出す手助けをする
ワークショップなどを主催しているスピリチュアル作家の著者が、
自分らしい生き方をする考え方やヒントを様々な「事例」を元に
教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「本書がよりどころとしたのは、人生に起こる予測できない光や
 影の出来事をくぐり抜けていくとき、人類が昔から利用してきた
 普遍的哲学です。
 人生の目的を見つけ出した人たちのインタビューを読むことで、
 心の奥深くにしまい込まれていた英知や認識に刺激が与えられ、
 あなた自身の人生の目的が見えてくるでしょう。(略)

 現状がどうあれ、今置かれている状況にはなんらかの意味があり
 ます。きちんとした目的があってあなたはその状況に置かれて
 いるのです。だから、今目の前にある状況に真剣に取り組むこと
 で、次のステップに進むために必要なカギが見つかり、いままで
 気づかなかった自分の一面が発見出来るようになるでしょう。
 そうすることで、本来自分が進むべき方向がもっとはっきり
 みえてくるのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○使命
 ○あなたはすでに人生の目的に向かって歩んでいる
 ○見えないものを見抜く力
 ○シンクロニシティ
 ○魂の目的を発見するために必要なふたつの前提
 ○新しい価値観
 ○自分の好きなことや、長所を確認する
 ○目標に向かっているか簡単に見抜ける法
 ○視覚化の訓練(心に思い描く能力を鍛える)
 ○視覚化を強化する訓練


事例も話の内容も、かなりスピリチュアル系の本なので、好き嫌い
がはっきりと別れると思います。スピリチュアルな生き方に興味が
ある方にのみおすすめです。
また、結構ボリュームがある本なのでじっくりと読んでみることを
おすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
自分の身の回りに起こる出来事にはすべて意味がある。  人生に起こる出来事はすべて、 人生の目的を実 「自分の身の回りに起こる出来事にはすべて意味がある」 こう考えると、 「今のこの状況は、何か、きっ 2007-11-28



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』