width=10
ことば探し
★お金がどんどん入ってきて、嬉しい限りです★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
2018年8日8日
夢をかなえる時間術
2018年8日6日
脳が教える! 1つの習慣
2018年8日3日
「戦う自分」をつくる13の成功戦略
2018年8日2日
ケッコン構造改革のススメ!
2018年8日1日
自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
2018年7日31日
死にゆく人たちと共にいて
2018年7日30日
目標設定練習帳 新装改訂版
2018年7日27日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年7日26日
1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則
2018年7日25日
腐ったバナナを捨てる法
 
1 2 3 4 
 
2017年10月4日
タイトル ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
著者 曽野 綾子
出版社 祥伝社
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

曽野 綾子さんの数多くの著書の中から、
1.「ないもの」を数えず、「あるもの」を喜ぶ生きかた
2.「不幸」を知るということ、「幸福」を知るということ
3.高級な生きかたのすすめ
4.コンプレックスによっても「才」は生まれる
5.人はみな、迷いがあっていい
6.本能が磨かれるとき
7.どうすれば混沌と苦境から立ち直ることができるか
8.人は完全な善にも悪にもなれない
9.悲しみを分け持つことで、もたらされること
10.感謝する才能、人を尊敬する才能を失わないために

などをまとめた本なので、いい話が満載です。

その中にこんな話があって、私はいたく感動しました。
これは、曽野さんのご友人の話です。

100才近い母親を亡くした友人のところに、数日たって、
同級生が訪ねてきてくれて、そのとき、その彼女は
実に20数種類のおいしいものをほんの少しずつ
買ってきてくれたのだそうです。

これは、母を失い、お葬式で疲れた友人が、どこへも行かなくても、
数日間は「食いつなぐ」ことができるように、細かく配慮したもので、
すぐに食べた方がいいものから、数日でも充分にもつものまで、
細かく配慮されていたという。
包みもできるだけ小さな包みになっており、飽きがこないように
考慮され、栄養の上でも配慮されていたというお話でした。


もし、友人に何かあったら、私もこれに近いことを考え、
実行したいと思いました。
というような、選りすぐりのお話がいっぱいで、感動します。
おすすめの一冊です。

この本からのことば 感想 掲載日
考えてみると、人間は誰もが偏っている。偏りのない人というのを私は見たことがないし、仮にいたとしたら、 隣人はよく「あなたは変わっている」と言う。私にしたら、逆に思えるのだが…(もっとも私は変わっていてい 2004-03-14
いい評判を取ろうと努力せず、万事とぼとぼやる。 月曜日は…どうも憂鬱である。仕事が楽しくないからだ。こんなことをやっていていいのかと正直思うことが多 2003-05-18
人に期待しなければ楽なる その通りだなぁとつくづく思う。どうしても、こちらの都合のいい期待をしてしまいがちで、その期待にさらに 2003-05-16




『おすすめ本の紹介』