width=10
ことば探し
★私は、ご機嫌な生き方をしていて、すべてがご機嫌です★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
 
1 2 3 4 
 
2017年9月19日
タイトル もっと気楽に生きるコツが、わかった!
著者 川北 義則
出版社 三笠書房 (2006/01)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

生き方や自己啓発書を多く書いている作家の著者が、がんばりすぎ
ず、肩の力を抜いて、ストレスとうまくつきあっていくコツを60
ほど教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「とかく人は世間の目を気にしがちである。だが、あなたの言う
 「世間」とは、いったい何人の人たちのことなのか。あなたを
 知っている何十人か、何百人かの人たちのために、自分の生き
 方を変えるなんてバカらしいではないか。
 世間の目ばかり気にしていると、ストレスがたまる。
 ストレスをためると体に悪い。(略)
 一つ真実を教えよう。
 それは、自分が気にするほど、他人はあなたのことを気にして
 いないということだ。とにかくそう信じて、開き直ることで
 ある」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○プロは、いちばん得意なところで「手抜き」する
 ○ストレスに負けやすい6つのタイプ
 ○投げやりにならずに、開き直れ!
 ○力を抜かないと、いい結果はだせない
 ○「反省」しても「後悔」しない
 ○自分の弱さを知る人が「強い」理由
 ○他人がいるから、幸せになれる
 ○計画通りに運ばないからおもしろい
 ○チャンスはありがたく受け止める
 ○幸せに生きる人の「思考習慣」


すっきりとまとまっていて読みやすい本なので、本を読み慣れて
いない方にもおすすめです。
読むだけで、いろいろな考え方を知ることができると思います。

この本からのことば 感想 掲載日
潜在意識は本来、それぞれ個人に固有のものだが、 実は他人ともつながっているらしい。 眠りに就く前に 眠る前に、誰かと想像上の対話をするといい、 ということを、以前からあちこちで何度も聞いていて、 私も 2010-08-26
たとえば、 「自分は将来、オリンピックに出て金メダルをとるんだ」 と小さいころから心に決めている人間 自分の「したいこと」「こうしたい」を強く持っている人と、 持っていない人とでは、それができる確率がま 2009-02-27
一生懸命やる人間に限って、 相手にそれをわからせようとする傾向がある。 そして相手が理解してくれない 「一生懸命」やることはすばらしいことだが、 自分が「一生懸命」やっているから、 相手も、周りもそうす 2008-07-16
すべての自然や動植物は 偉大なサムシング・グレートのおかげで生かされて、 生きているとおっしゃる筑波 私も、教授と同じように思う。 地球はやさしいのに、そのやさしさに 甘えて、人間は地球を崩しつつあると 2008-07-07
中国には「一笑一若、一怒一老」という言葉がある。 一回笑えば一つ若返る、一回怒ると一つ年をとる、とい すぐにカッとなって怒る人と、 それほど怒らない人では、どこに差があるのだろう。 今日のことばのように 2008-06-15



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』