width=10
ことば探し
★私は、子どもの頃の嫌な思いや、悲しい思いをすっかり手放します ★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
2018年8日8日
夢をかなえる時間術
2018年8日6日
脳が教える! 1つの習慣
2018年8日3日
「戦う自分」をつくる13の成功戦略
2018年8日2日
ケッコン構造改革のススメ!
2018年8日1日
自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
2018年7日31日
死にゆく人たちと共にいて
2018年7日30日
目標設定練習帳 新装改訂版
2018年7日27日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年7日26日
1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則
2018年7日25日
腐ったバナナを捨てる法
 
1 2 3 4 
 
2017年8月22日
タイトル 学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
著者 JFN (編集)
出版社 徳間書店 (2012/4/26)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

各界の著名人が、人生に必要な学問とはなにか、生きていくには、
どんなことが大切か、などを教えてくれる本。
以下の方々が書かれています。

◎立花 隆 (ジャーナリスト、評論家)
 「生まれながらに持つ好奇の本能、「学ぶ」意欲は自然に続く

◎内田 樹 (思想家)
 「メディアのミスリードに踊らされない知性、
  強く生きるのに必要な感性を磨く」

◎秋山 仁 (数学者)
 「世界的問題から個人的問題まで、数学の「考える」が
  解決へと導く」

◎福岡 伸一 (生物学者)
 「個人的な価値の基準が人を支え、学ぶことが世界を
  豊かにする」

◎土屋 賢二 (哲学者、作家)
 「「当たり前」を疑う哲学の精神があらゆるものを
  新鮮に見せる」

◎山本 一力 (作家)
 「失敗してもやりつづけることが何かを生み出し、
  変える力になる」

◎山田 太一 (作家、脚本家)
 「人間とはどういうものか、時代とメディアを
  渡り歩いて見えたもの」

半藤一利(作家) 柴田元幸(翻訳家) 鴻巣友季子(翻訳家)
西原理恵子(漫画家) 篠原勝之(ゲージツ家、作家)
山下洋輔(ジャズピアニスト) 香山リカ(精神科医)
養老孟司(解剖学者) 鎌田實(医師、作家)
山折哲雄(宗教学者) 玄侑宗久(作家、福聚寺住職)
横尾忠則(美術家) 鴻上尚史(作家、演出家) 
姜尚中(政治学者)


全部の方の書かれたものを読まなくても、興味のある方だけの
分だけでも読んでみることをおすすめします。
いろいろな考え方がわかり、参考になります。

この本からのことば 感想 掲載日
選挙に行きもしないで、行った人に向かって、 「行ったって無駄だよ」と言う。 今の世の中には、このよ 山本さんは、さらに、 「言うだけでは、何も変わらない。  実際にやらなければちがう景色は見えてこな 2016-06-14
人間というのはどんなことをしても、どんなに努力をしても、 病気になったり歳をとったり死んだりします 土屋さんは、さらにこう言っています。 「苦痛に対して、最終的に自分を笑うということが  一番いいの 2016-06-13




『おすすめ本の紹介』